「第1回全国教室対抗 健康麻雀大会」大阪府で開催!

Facebook

「第1回全国教室対抗 健康麻雀大会」大阪府で開催!

 毎年1回、大阪麻雀連合会ひまわり教室は、全国各地の健康マ ージャン教室と交流大会を行って5年になります。
 北は北海道苫小牧市から南は九州長崎市まで、毎年20名前後の生徒さんと交流戦を行ってまいりました。

 そして今回、今まで交流大会をもった各地の教室の生徒さんたちに大阪に集まっていただき、
 11月19日(日)・20日(月)に「第1回 全国教室対抗健康麻雀大会」を開催いたしました。

 19日(日)は1チー ム4人の団体戦、20日(月)は個人戦を開催。
 全国から北海道苫小牧市、神奈川県横浜市、石川県金沢市、岡山県岡山市、近畿からは滋賀県、奈良県から参加があり、
 団体戦は12チ ーム48名、個人戦は40名が参加の交流大会になりました。

 大阪段審部は、選手の方が「満貫」をアガると満貫賞をその場でプレゼントするという楽しい企画を設け、
 あちこちで「マンガン」と声がかかるとスタッフが会場を飛び回って満貫賞を配っているのは、とても微笑ましい光景でありました。
 また、選手の方々も熱くなってくると、それぞれのお国言葉が飛び出すなど、とても楽しい雰囲気の大会となりました。

 初日の団体戦は金沢の若林昇キャプテンの金沢長寿健康麻雀会が1回戦から強く、最後まで逃げ切りで優勝されました。
 横浜の全国麻雀業組合総連合会理事長の齋藤正キャプテンのチームも5位に入っていました。
 北海道苫小牧市の2チームは、長旅の疲れがあったのか、最下位とブービーという結果に。
 そこで北海道の選手の皆さんは「成績より、親睦・交流が第一ですよ、健康マージャンは!」と言われておりました。

 個人戦は大阪ひまわり教室の田辺厚子さんが優勝となりました。

左が団体戦優勝チーム:金沢長寿健康麻雀会の方々、右が個人優勝:大阪ひまわり教室の田辺厚子さん

AUTHOR:大阪麻雀連合会会長 木下裕章

関連記事

おすすめ記事

  1. 東京都が主催するシニア世代を対象とする新イベント! 「東京都シニア・コミュニティ交流大会 TO…
  2. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  3. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  5. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  6. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  7. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  8. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
ページ上部へ戻る