第19回港区長杯争奪高齢者いきいき麻雀大会

Facebook

11月1日、東京都港区新橋「新雀荘」「白鷺」の2会場を使って「第19回港区長杯争奪高齢者いきいき麻雀大会が開催された。

大会は三田支部長の金原時成氏の開会挨拶でスタート。
激励に会場に駆けつけた武井雅昭港区長の挨拶に続いて競技に入った。
参加者107名の内、なんと80歳以上の選手が今回最多の33名だった。
競技の結果、88歳の齋藤正四郎選手が優勝。トップレディ賞は第3位に入った佐々木俶子選手となった。
今回も90歳を超える男女各1名が参加し、共に大健闘。大会の名前の通り、高齢者の活躍が目立った大会となった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る