第1期国際公式・無双位戦第4節成績

Facebook

2014年12月28日に行われた「第1期国際公式・無双位戦」第4節では、なんと第3節を終了した時点で総合トップ独走中の柴崎健司選手がまたもや優勝した。

これで4戦中3回の優勝。素晴らしい成績でトップを快走中だ。
第4節の上位4選手は、
優勝柴崎健司
準優勝釘宮百香里
3位国原徹
4位岩沢和利
となった。

第1節から第4節までの累計成績をみると、
1位柴崎健司
2位窪田秀章
3位土浦佳子
4位吉沢洋志
5位釘宮公人
が上位5選手となっている。
全体の累計成績を見てみると、徐々に実力組がランクを上げてきている様子がうかがえる。
今後の戦いが大いに楽しみである。
(協会事務局)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る