「自民党 頭脳スポーツとしての 健全で安全な麻雀を推進する議員連盟」 新型コロナ感染症拡大による 業界への影響と対策について 現状ヒアリング会議開催!

2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、「自民党 頭脳スポーツとしての健全で安全な麻雀を推進する議員連盟(以下、略称:スポーツ麻雀議連)」新型コロナ感染症拡大と現状ヒアリング会議が開催された。 会議には議連の会長である平井卓也衆議院議員、事務局長の和田政宗参議院議員、平沢勝栄衆議院議員、齋藤正・全国麻雀業組合総連合会理事長、山岸次雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事長、高橋常幸・全国麻雀業組合総連合会副理事長、戸構亮・一般社団法人日本健康麻将協会事務局長、森山茂和・日本プロ麻雀連盟会長、五十嵐毅・一般社団法人日本プロ麻雀協会代表理事、高倉武士・一般社団法人最高位戦日本プロ麻雀協会事務局、畑敦之・一般社団法人Mリーグ機構事務局長のほか、内閣官房新型インフルエンザ等対策室、厚生労働省健康局疾病対策課、経済産業省中小企業庁事業環境部金融課、警察庁生活安全局保安課の各担当者が参加した。 会議は、和田事務局長の司会で進行。冒頭に平井会長が挨拶を行った。続いて全国麻雀業組合総連合会の齋藤理事長、一般社団法人日本健康麻将協会の戸構事務局長、日本プロ麻雀連盟の森山会長、一般社団法人Mリーグ機構の畑事務局長がそれぞれの立場から、新型コロナウイルス感染症拡大に対しての現状の影響について報告し、要望等を提出した。 ヒアリング後には内閣官房新型インフルエンザ等対策室、厚生労働省健康局疾病対策課、経済産業省中小企業庁事業環境部金融課、警察庁生活安全局保安課の各担当者から現状の状況や施策についての説明が行われ、その後意見交換が行われた。その席では平沢議員からも麻雀業界への影響について迅速な対応を要請する力強い発言もなされた。 また、2020年(令和2年)に厚生労働省・各種報道が「複数の感染者が発生した場所」として雀荘を挙げた件について議員連盟に対して、田邊恵三・一般社団法人日本健康麻将協会会長と齋藤全雀連理事長の連名で「複数の感染者を発生させた雀荘の事例についての情報提供のお願い」という文書を提出した。また合わせて全雀連より、新型コロナウイルス感染症の影響で業況の悪化している中小企業者支援対策である「セーフティネット保証5号」の対象業種に麻雀業を追加していただくために「セーフティネット保証5号の指定業種の追加のお願い」という文書も提出した。 なお、会議ににおいて厚生労働省の担当者より「雀荘でクラスター感染が発生したという情報はない」という発言がありました。また、その後、追加業種として麻雀業(指定業種名:マージャンクラブ)が追加されました。

関連記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る