Facebook

11月2日・3日の両日、東京都渋谷区の代々木公園において「第38回渋谷区くみんの広場・ふるさと渋谷フェスティバル」が開催された。

このイベントは、昭和53年のスタート以来、渋谷を愛する人々が協力して「わが街と誇れる渋谷」の形成を目指す区民の集いとして、区民と区が一体となって発展させてきたものである。
会場には200以上のテントが設置され、さまざまなイベントや催しが開催された。
その中で今年で25回目となる「青空マージャン&チャリティー三角くじ」が渋谷麻雀同好会の主催、渋谷麻雀業組合の後援によって開催された。

初日の2日は生憎の雨天に見舞われたが、文化の日の3日は快晴に恵まれ、タイトル通りの秋晴れの青空の下でマージャンが行われた。
3台設置されたマージャン卓には、老若男女が集い、交流を深めていた。
特に大人に混じって子供たちがマージャンを楽しむ光景はたいへん微笑ましいものとなった。
また、合わせて行われたチャリティー三角くじにも多くの方の参加を仰ぎ、その売り上げは、「鬼怒川堤防決壊被災者義援金」として渋谷区を通じて寄付されるということだ。

関連記事

おすすめ記事

  1. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  2. 今回は、2023年(令和5年)11月18日〜19日に石川県金沢市で開催された「第38回国民文化祭 第…
  3. 2023年(令和5年)10月に開催された「ねんりんピック愛顔(えがお)のえひめ2023」の取材で愛媛…
  4. 東京都麻雀業協同組合(高橋常幸理事長)は2024年(令和6年)1月17日(水)、東京都港区赤坂『マリ…
ページ上部へ戻る