第10回健康麻将国際公式ルール春季交流大会

Facebook

「第10回健康麻将国際公式ルール春季交流大会」が3月21日、東京都品川区総合区民会館「きゅりあん」にて開催された。

この大会は一般社団法人日本健康麻将協会の主催で、公益社団法人日中友好協会、麻雀博物館、日本麻将体育協会、国際公式麻将協会が後援する。
国際公式ルールの愛好者44名が参加した大会は、青木敬一副理事長の開会挨拶でスタート。高見沢治幸理事のルール説明に続いて競技開始となった。
95分の打ち切り2回戦の結果、2局連続の役満を成就するなど圧倒的なパフォーマンスを見せた土屋政士選手(日本健康麻将協会・品川広場)が優勝に輝いた。第2位は根本卓也選手(ニューロン)、第3位は佐藤猛選手(日本健康麻将協会・園)となった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る