【追憶の麻雀】第81回「検証!これって体に悪いの?いいの?」

追憶の麻雀

麻雀新聞第237号 1995年(平成7年4月10日)

検証!これって体に悪いの?いいの?

脳への刺激になりボケ防止になるが、あぐらをかいてやると腰痛や痔の原因になる

 

頭を使う人はボケにくいといわれるが、ボケ防止にマージャンがいいというのは、北里大学医学部精神科の村崎光邦教授だ。

「マージャンをやるには、ち密な計算が必要です。そして、それが計算通りにはいかないスリル……。そういうもろもろのストレスをかけることが、むしろ脳に対しては刺激になって、プラスに作用するのです」

マージャンは、脳だけではなく、手もよく使う。

「盲パイしたりして手先に神経が集中する。マージャンは適度に頭を使いながら手先も使うバランスのいいスポーツといえる。徹夜したり畳の上に座り込んだ姿勢でやるのはよくないが、イスに座って姿勢を正してやるなら心身ともに健康上きわめていいですね」(村崎光邦教授―前出)

何よリマージャンは面白い。これがいいのだという。

「面白いのは、偶然という要素が働き思うようにいかないからで、それが知的活性につながるのです」(東大病院内科・栗田昌裕医師)

負けた者は何とか挽回を図りたいから、どうしても「あと半チャン、あと半チャン」と無理強いするためゲームは長時間に及びがち。徹夜マージャンをすれば体のリズムが狂い体調を悪くしてしまう。

「日周期といって、血圧、自律神経の働き、ホルモン分泌などは、時間帯によって異なります。徹夜はその生体リズムに反した行為をするわけで、体にいいわけがありません」(栗田昌裕医師―前出)

あぐらをかいてやれば、腰や痔(じ)にも良くない。

「要椎に負担がかかり、腰痛の原因になります。肛門部の血行が悪くなれば、当然痔にも悪い。また疲労がたまって乳酸が増える状態が毎週のように続くと、極端なケースでは肝性こん睡で意識を失うという状態に陥ることがあります」(横浜創英短期大学・則岡孝子助教授)

また、じっと座ったまま甘い物や果物を食べると中性脂肪が増える。「頭を使ってストレスが強く、かつ体を動かさないと糖尿病になりやすいといわれています。パソコンソフトの製作者に糖尿病が増えているのも同じ理由からです」(則岡孝子助教授―前出)

 

やりすぎは良くない。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  3. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  4. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  5. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  6. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る