壊れた雀卓・汚い雀卓に嫌悪感

備品チェックポイント

マージャン店の備品は卓、牌、点棒、起家のマークのほか灰皿、食器類、スリッパ、電卓、点棒表、鉛筆、薬品類、エアコン、空調機、ロッカー、ハンガーなど多様です。休憩や待ち合わせ用にソファを置く店も増えてきてます。各店はそれぞれのアイディアとレイアウトで、備品をそろえてお客様へのサービスに努めます。しかし備品はそろえるだけではなく、管理することが立派なサービスなのです

壊れた雀卓・汚い雀卓に嫌悪感

自動卓が当たり前の時代ですが、この故障がなかなか厄介。うまく牌が積まれないで機械が時折ストップでは、「ツキが逃げちゃう」の苦情も。またすりきれたマットや、シミ、煙草の焼け焦げあとがあるマットもいただけません。こんな卓に案内されたら、「はずれだな」のつぶやきもでようものです。卓のメンテナンスと償却期間は常に考慮したいものです。

点棒の色剥げ

点棒は、マージャンの命。たとえ百点差でもトップはトップ。逆に百点差で負けてしまうことだってあるのです。ところが点棒の色が剥げていて百点なのか五千点なのか一万点なのか、よく見ないと分からない点棒があります。点棒の見間違いで起きるトラブルはまったくゴメンです。きれいで点数がはっきり読み取れる点棒で遊ばせてください。

古い雀牌は年期とは違う

ヒビが入っていたり、欠けた牌をたまに目にすることがあります。毎日消毒してきれいに洗浄していても、牌の特定が可能な雀牌ではうかつに遊べません。また、文字・絵柄の墨が剥げた牌を目にすることもあります。こんな見にくい牌ではミスを誘発する原因になり、お客様に不快な気を起こさせることに。牌の墨入れも怠れない作業の1つです。新しいきれいな牌は見やすいし、遊びやすいものです。それは同時に店への信頼度を高めるのです。136枚の牌を1つ1つ点検しておきましょう。

汚れた灰皿は早く替えて

半荘2回もやれば、灰皿は吸殻で一杯。それにお菓子の包みまで押し込まれたらそこはごみ箱も同然。こまめな交換を心掛けます。お客様から催促されるようでは接客サービスは落第です。

関連記事

おすすめ記事

  1. ⒸMONDO麻雀TV 麻雀専門チャンネル「MONDO麻雀TV」(http://www.mondot…
  2. ⒸAbemaTV 一般社団法人Mリーグ機構(本社:東京都港区、 代表理事:藤田晋)は2019年9月…
  3. 全日本健康マージャン交流大会 in むらかみ 第34回国民文化祭・にいがた2019 第19回全国障…
  4. 2019年(令和元年)6月2日(日)、宮城県宮城郡松島町『松島センチュリーホテル』にて「全国麻雀業組…
  5. 小島武夫記念碑建立プロジェクト -亡き小島武夫を偲ぶ-  平成30年5月28日にこの世を去った…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る