マージャンに固執することなく、異業種の流行店の売り方を学ぶ

これからのマージャン業を考えた時に、マージャン業界だけを見ていたのでは裾野が広がらない。異業種での成功事例には自分の商売のヒントがあふれている—若手経営者Zさんに聞くシリーズ18回目。

・少ないパイの中で客を取り合っているだけ
「レートやチップ、赤牌を何枚入れるとか、そういうところにばかり頭を使っていて、それで本当に大丈夫なのかなと思っています」

・今の若い人たちはローリスク・ローリターン
「実際「2」ではほとんど勝てません。以前に計算したら、4万点でトップを取ってもチップを入れなかったらわずかなものです」

・換金率が低くても「1円パチンコ」は大人気
「リスクも負いたくないし、リターンも少なくていいという考えで遊ぶんだと思います

※詳しくは「麻雀新聞」2010年10月号をご覧ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る