日本健康麻将協会主催UR都市機構協力の新規事業がスタート!

Facebook

UR都市機構が運営する団地は全国で約1700、総戸数は75万戸に及ぶ。その中でも1960~70年代に入居が始まった旧公団団地が半数を超えており、65歳以上の居住者がいる団地は全体の4割を超え、これからも居住者の高齢化が進むことが考えられる状況となっている。

昭和40年代に入居した居住者の高齢化が進み、独居高齢者も増え、孤独死を迎える居住者もいる。
この現状を受けてURでは、政府が進める「地域包括ケアシステム」の考え方に沿い、住み慣れた団地において医療・介護・生活支援のための各種サービスが受けられるよう団地の医療拠点化をすすめることを昨年発表した。
当協会では、UR都市機構のこのような動きを受けて、高齢の居住者皆さんに貢献できることはないかと検討を始め、実際にUR都市機構を訪ね、ミーティングを重ねてきた。
UR都市機構としても医療拠点として機能させること以外にも、より予防的な観点に立った施策に取り組むことも大切であると考えていることが分かり、当協会は、地域の高齢者が健康マージャンを楽しむことを通して、団地のコミュニティ強化を目指す健康マージャン事業を提案するに至った。
UR都市機構は当初よりすでに健康マージャンというものについて認識しており、当協会からの提案を快諾、健康マージャン事業を推進していくことが決定した。

広く候補がある中で最初に候補にあがったのが埼玉県春日部市、5200戸規模のマンモス団地である武里団地だ。
当協会は、この事業で居住者の皆さんが健康マージャンを継続して楽しみながら、団地内のコミュニティを強化すること、また、そのことが居住者の皆さんの「健康づくり・仲間づくり・生きがいづくり」につながっていくことを目指している。
そのため、当協会から優秀な講師やサロン運営者を派遣するだけでなく、居住者の皆さんの中から楽しみながらボランティアスタッフとしてこの事業を支えてくれる方を募集、育成していく方針を取る。

まずはマージャン経験者対象のサロン事業が2月26日にスタート。その後3か月遅れて、4か月間の初心者教室を開始する。
また、このテスト事業計画と並行して次の開催地候補もいくつか挙がっており、すでに検討も始まっている。
当協会設立から30周年まであと数年。自治体・社会福祉法人に加えてUR都市再生機構のような独立行政法人との健康マージャン協働事業がスタートすることとなった。
健康マージャンがさらなる社会福祉貢献への一歩を踏み出したと言えるだろう。
(協会事務局・戸構)

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る