健康マージャン最高峰のタイトル戦「第11期健康麻将名人戦」が3月27日KKRホテル東京で行われた。

小島武夫プロ、灘麻太郎プロ(日本プロ麻雀連盟)らとともにゲスト出場した勝間和代(経済評論家・最高位戦日本プロ麻雀協会所属プロ)さんが、優勝し、健康麻将名人位に輝いた。女性の名人位は健康麻将名人戦史上初となった。

決勝最終成績は次の通り。

優勝 勝間和代 87.2
準優勝 三代純歌 80.3
3位 小島武夫 43.3
4位 野田直孝 23.3

勝間さんは、プロ資格を取得して以来、初の戴冠だった。それだけに喜びを隠しきれず「今後のプロ活動を頑張ります。来年の健康麻将名人戦にも必ず出場します。ゲスト依頼があれば、どこへでも飛んでいきます」と笑顔で語った。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2022年(令和4年)6月5日に行われる「麻雀最強戦2022 Mリーグスペシャルマッチ」、EX風林火…
  2. 2022年(令和4年)5月31日、セガサミーフェニックスの特別対局「セガサミーフェニックスNo.1決…
  3. 『MONDO TV』で行われている50歳未満の男性プロによるリーグ戦「モンド麻雀プロリーグ21/22…
  4. 2022年(令和4年)5月30日、U-NEXT Piratesの公式Twitterにて、6月5日の「…
ページ上部へ戻る