健康マージャン最高峰のタイトル戦「第11期健康麻将名人戦」が3月27日KKRホテル東京で行われた。

小島武夫プロ、灘麻太郎プロ(日本プロ麻雀連盟)らとともにゲスト出場した勝間和代(経済評論家・最高位戦日本プロ麻雀協会所属プロ)さんが、優勝し、健康麻将名人位に輝いた。女性の名人位は健康麻将名人戦史上初となった。

決勝最終成績は次の通り。

優勝 勝間和代 87.2
準優勝 三代純歌 80.3
3位 小島武夫 43.3
4位 野田直孝 23.3

勝間さんは、プロ資格を取得して以来、初の戴冠だった。それだけに喜びを隠しきれず「今後のプロ活動を頑張ります。来年の健康麻将名人戦にも必ず出場します。ゲスト依頼があれば、どこへでも飛んでいきます」と笑顔で語った。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る