第10期将王は忍田幸夫プロ

Facebook

2012年12月「第10期将王決定戦」の最終日が行われた。

「将王決定戦」とは、認定プロのみによる1年間のリーグ戦「μリーグ」を経て選ばれた3名が、現将王に挑戦する麻将連合最高峰のタイトル戦である。
半荘全15回戦のトータルで争い、各半荘トップに+12、2着に+4、3着に▲4、4着に▲12の順位点が付く(1000点=1ポイント)

一発・裏ドラなし。さらにノーテン罰符もないというシビアなルールとなっている。アガリ以外で点棒が増えることはないのだ。
小林剛将王に挑戦することになったのは、忍田幸夫(μリーグ1位)、武則輝海(μリーグ2位)、井出洋介(μリーグ3位)の3名。全15回戦の10回戦目までは、井出がラス0回という抜群の安定感を見せ、独走状態となっていた。
しかし、迎えた11回戦。東1局に忍田がツモアガったのは大三元。このときの親が井出で大きな親被りをさせられる。大三元をアガった忍田は、この後も手を緩めず親のマンガン2連発を含む特大トップ。この半荘だけで+75.3を叩き出した。一方、大三元を親被りした井出は初のラスを引かされる。

最終日となる13回戦〜15回戦は全て、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」にて、実況解説付きで生放送を行った。
13回戦開始時には、忍田が他選手を80ポイント以上という差をつけ、大きく引き離しており圧倒的優位と思われたが、ここで奮起したのが武則。
14回戦では、東1局の12000を皮切りに、3900、2000オール、6000オールと点棒を集め、オーラスもさらに12000をアガって忍田を追い詰める。
しかし、最後は忍田が武則から小三元を直撃して勝負あり。忍田が第10期将王のタイトルを獲得した。

最終成績
優勝忍田幸夫プロ+61.4
2位武則輝海プロ+16.9
3位小林剛プロ+1.5
4位井出洋介プロ▲80.8

関連記事

おすすめ記事

  1. 愛知県麻雀業組合連合会 中村区麻雀業防犯組合 駒井淳組合長が防犯宣言  2017年10月18日…
  2. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 全4ブロックの優勝は、【大太鼓ブロック】篠山良…
  3. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 大接戦の末、団体戦優勝は神奈川県代表『やまゆり…
  4. 株式会社TBSテレビは須藤凜々花の後継を決める麻雀トーナメントの開催を発表した。 ーーー以下、…
  5. 日本プロ麻雀連盟のタイトル戦「十段位決定戦」の最終日が8月26日に開催され、藤崎智プロが見事連覇を達…
  6. 「麻雀って楽しいよね!」  麻雀を題材としたT Vアニメ『咲 -Saki』 の主人公宮永咲役とし て…
  7. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  8. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加! 7月10日、東京都において国民文化祭…
  9. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 愛知県麻雀業組合連合会 中村区麻雀業防犯組合 駒井淳組合長が防犯宣言  2017年10月18日…
  2. 近代麻雀が主催する『シニア最強位決定戦』が9月13日、大阪市の鳳凰ショールームで開催された。 『シ…
  3. 「ねんりんピック秋田2017」健康マージャン交流大会 全4ブロックの優勝は、【大太鼓ブロック】篠山良…
ページ上部へ戻る