第10期将王は忍田幸夫プロ

Facebook

2012年12月「第10期将王決定戦」の最終日が行われた。

「将王決定戦」とは、認定プロのみによる1年間のリーグ戦「μリーグ」を経て選ばれた3名が、現将王に挑戦する麻将連合最高峰のタイトル戦である。
半荘全15回戦のトータルで争い、各半荘トップに+12、2着に+4、3着に▲4、4着に▲12の順位点が付く(1000点=1ポイント)

一発・裏ドラなし。さらにノーテン罰符もないというシビアなルールとなっている。アガリ以外で点棒が増えることはないのだ。
小林剛将王に挑戦することになったのは、忍田幸夫(μリーグ1位)、武則輝海(μリーグ2位)、井出洋介(μリーグ3位)の3名。全15回戦の10回戦目までは、井出がラス0回という抜群の安定感を見せ、独走状態となっていた。
しかし、迎えた11回戦。東1局に忍田がツモアガったのは大三元。このときの親が井出で大きな親被りをさせられる。大三元をアガった忍田は、この後も手を緩めず親のマンガン2連発を含む特大トップ。この半荘だけで+75.3を叩き出した。一方、大三元を親被りした井出は初のラスを引かされる。

最終日となる13回戦〜15回戦は全て、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」にて、実況解説付きで生放送を行った。
13回戦開始時には、忍田が他選手を80ポイント以上という差をつけ、大きく引き離しており圧倒的優位と思われたが、ここで奮起したのが武則。
14回戦では、東1局の12000を皮切りに、3900、2000オール、6000オールと点棒を集め、オーラスもさらに12000をアガって忍田を追い詰める。
しかし、最後は忍田が武則から小三元を直撃して勝負あり。忍田が第10期将王のタイトルを獲得した。

最終成績
優勝忍田幸夫プロ+61.4
2位武則輝海プロ+16.9
3位小林剛プロ+1.5
4位井出洋介プロ▲80.8

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る