漫画原作者・来賀友志先生が逝去

2022年(令和4年)5月10日、麻雀漫画「天牌」などの原作で知られる来賀友志先生が亡くなったことが明らかにされた。65歳だった。

来賀先生は4月28日に急性リンパ白血病と診断されて緊急入院していたが、8日に帰らぬ人となった。

これまでに『麻雀飛龍伝説 天牌』をはじめ、数々の麻雀漫画原作を担当し、麻雀界に多大な貢献を果たしてきた来賀先生。ご冥福をお祈りしたい。

 

ライター:東川亮
(麻雀界をメインに活動するフリーライター。観戦記・ニュース記事執筆からコラム、インタビュー、現場レポート、書籍構成・編集など、幅広い案件を手がけている)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2022年(令和4年)6月5日に行われる「麻雀最強戦2022 Mリーグスペシャルマッチ」、EX風林火…
  2. 2022年(令和4年)5月31日、セガサミーフェニックスの特別対局「セガサミーフェニックスNo.1決…
  3. 『MONDO TV』で行われている50歳未満の男性プロによるリーグ戦「モンド麻雀プロリーグ21/22…
  4. 2022年(令和4年)5月30日、U-NEXT Piratesの公式Twitterにて、6月5日の「…
ページ上部へ戻る