春の「健康麻将祭」を一緒に盛り上げよう!

Facebook

今年から協会主催の春のイベント群を「健康麻将祭」と呼ぶことになった。

わずか3日間で6つの大会イベントを開催する。
■第27回家族ふれあい麻将大会3月29日(土)昼間
■第9回健康麻将国際公式ルール交流大会3月29日(土)夜
■第22回健康麻将全国決定戦3月29日(土)から3月30日(日)の2日間にわたって行う。
■品川区いきいき健康マージャン広場の集い3月31日(月)(以上の開催会場は品川区立総合区民会館「きゅりあん」)
■第8期健康麻将名人戦・併設タイトル戦「第5回小島武夫杯」3月31日(月)(開催会場は東京・大手町の「KKRホテル東京」)

最後の併設タイトル戦を入れると7つの大会イベントが、多彩に繰り広げられる。まさに一大祭典といってよい。
全国の支部においては、この日を目指し準備していただき、多くの方の参加を促してもらいたい。

今期の健康麻将十段決定戦は、以下の10名で争われる。
・幾留敏之(九段)
・橋本恒宣(九段)
・香月久美子(九段)
・酒巻潔(九段)
・真壁正和(九段)
・増田恭子(九段)
・武林武士(九段)
・鈴木正一(九段)
・廣田英弘(九段)
・三原忠(九段・第1期十段)
出場者が10名ということなので、今期は2卓・5人打ちの2日間開催となる。恐らく激戦が予想されるだろう。

ちなみに協会の段位制度はすっかり定着しており、現在817名の有段者を擁している。その内訳を記しておく。
初段580名
二段118名
三段54名
四段31名
五段12名
六段3名
七段6名
八段3名
これに九段の10名が加わる。

健康麻将祭の最終日に控える「健康麻将名人戦」は、例年通り各界著名人が出場し、今期も華やかなステージが用意されている。
健康麻将祭の中からこの名人戦にシードされるのは、30日の全国大会上位4選手と十段戦の優勝者、そして年2回開催のチャンピオン大会上位2選手である。
近年、全国大会やチャンピオン大会等の参加意欲が高まっているのは、こうした特典のせいかもしれない。
そして、多くの選手が健康麻将名人戦への出場を望んでおり、協会としてはこうした方たちにできる限り広くチャンスを与えたいと考えている。
厚労省後援、厚生労働大臣賞の健康麻将全国大会は、今年も充実した内容だ。
また国際公式ルール大会の優勝者は例年通り協会主催の訪中団に招待されることになっている。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)6月2日(日)、宮城県宮城郡松島町『松島センチュリーホテル』にて「全国麻雀業組…
  2. 小島武夫記念碑建立プロジェクト -亡き小島武夫を偲ぶ-  平成30年5月28日にこの世を去った…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る