1998年、「風営適正化法」の一部が改正

1998年、「風営適正化法」の一部が改正され、1999年4月1日から全面的に施行されています。

法律が実情に追いつかなくなるということがままあり、法改正のうらには、今まで法律が想定していなかった新手の商売や事件が発生していることがあります。時代の流れもあれば、法の盲点を突く頭の良い(?)人が現れたりもします。それらの変化に応じて規制を整えるために、法は改正されます。しかし、規制を厳しくしたり罰則を重くするような「ムチ」を振るうだけの法改正では自由な国家とは言えなくなり、国民の信頼も失われます。そこで実情にそぐわなくなった部分について逆に規制を緩和する、いわゆる「アメ」の部分も同時に決定されます。法改正には、「アメ」と「ムチ」が共存しているのです。

今回の法改正は、マージャン業界の皆さんにとっては「アメ」の部分のみが関係していると考えていいでしょう。優良な営業者にはメリットが多くなるということです。
まず営業時間の延長があります。次に営業制限地域での既得営業権の保護――神戸の大震災で店舗を失った場合などの営業の再開に対する緩和措置です。それに優良な営業者に対する「マル優店」(特例風俗営業者)の認定があげられます。この認定を受けると、許可証にかえて「マル優」の認定書を掲示すればよいことになります。また営業所の構造変更についても、事前の承認申請から事後の届け出提出というふうに簡単な手続きで済みます。店舗の改装を積極的に進めていく場合に特に便利な制度です。さらに管理者講習も、定期講習を1回、受講すれば、以後の受講が免除されます。

このように、「アメ」の部分が多くなるということは、「社会的信用度」が高くなっているということで、歓迎すべきことです。法が与えてくれたメリットをできるだけ活用すべきでしょう。優良店が多くなれば、業界全体の社会的信用度も高まると思います。手続き上の問題もありますが、それは次回に取り上げることにし、業界全体のレベルアップを期待して今回の稿を終わります。

やたべ総合事務所
0332006855

関連記事

おすすめ記事

  1. ⒸMONDO麻雀TV 麻雀専門チャンネル「MONDO麻雀TV」(http://www.mondot…
  2. ⒸAbemaTV 一般社団法人Mリーグ機構(本社:東京都港区、 代表理事:藤田晋)は2019年9月…
  3. 全日本健康マージャン交流大会 in むらかみ 第34回国民文化祭・にいがた2019 第19回全国障…
  4. 2019年(令和元年)6月2日(日)、宮城県宮城郡松島町『松島センチュリーホテル』にて「全国麻雀業組…
  5. 小島武夫記念碑建立プロジェクト -亡き小島武夫を偲ぶ-  平成30年5月28日にこの世を去った…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る