富山県健康マージャン交流大会第4回健康ビッグマージャン

 

 2017年4月15日(土)富山県射水市「アルビス小杉体育センター」にて富山県健康マージャン交流大会第4回健康ビッグマージャンが開催された。

主催は富山県健康マージャン交流大会実行委員会(北日本新聞社、富山健康マージャン推進実行委員会)、後援が富山県、射水市教育員会、富山県社会福祉協議会、日本健康麻将協会、全国麻雀段位審査会、日本麻雀連盟。そしてアルビス株式会社が特別協賛につき、大会が行われた。
最年少は9歳、最高齢は93歳と幅広い年齢層且つ参加者合計612人は過去最多で間違いなく日本最大級のワンデーマージャン大会と言えるだろう。
「ねんりんピック秋田2017」の予選も兼ねている本大会。

開会式は川上浩志・富山県健康マージャン推進実行委員会副会長の開会宣言でスタート。

板倉均・北日本新聞社代表取締役社長と亀山繁盛・富山県健康マージャン推進実行委員会会長が主催者あいさつを行い、来賓代表として山岸次雄・全国麻雀段位審査会委員長が祝辞を述べた。続いて、ゲストプロ(日本プロ麻雀連盟より山井弘プロ・高宮まりプロ・安城るいプロ。最高位戦日本プロ麻雀協会より吉田葵プロ)が紹介され、山井プロと高宮プロが代表して祝辞を述べた。その後、来賓紹介に続いて優勝杯・トロフィーの返還、松原健志・大会審判長のルール説明、選手宣誓が行われ、競技のスタートとなった。

大会は50分打ち切りの4回戦で行われ、個人戦と団体戦で日頃の腕前を競い合った。

昼食休憩と4回戦終了後には、ゲストプロがサイン会やお楽しみ対局を行い、会場を盛り上げ、富山のマージャンファンと大いに交流を深めた。

 
ゲストの山井弘プロと高宮まりプロ

熱戦の末、見事個人優勝に輝いたのは吉田健三選手(射水市)だった。準優勝は飯川和男選手(高岡市)、3位は嶋勝彦選手だった。
団体戦の優勝は越中ひばり会ふたくち四天王(吉田健三・藤田久男・吉岡信治・浅村昭男)で、吉田選手は個人団体の2冠に輝いた。


個人戦優勝の吉田健三選手・団体戦優勝の越中ひばり会ふたくち四天王

続いて優勝の吉田選手のスピーチから「ねんりんピック秋田2017」の富山県代表選手の発表・紹介の後、藤井保寿・富山県健康マージャン推進実行委員会副会長の閉会宣言で大会の幕を閉じた。

今回は前日設営から取材したのだが、まっさらな体育館が数十人のスタッフによって数時間で、154卓の設置が完了したその手際の良さは圧巻の一言だ。完成した会場を2階席から俯瞰すると改めて会場の大きさに驚嘆した。来年以降も参加者が増加を見込んでおり、日本最大を更新することは間違いないだろう。

関連記事

おすすめ記事

  1. Facebook
    第21回港区長杯争奪 高齢者いきいき麻雀大会 最高齢参加者は97歳の長田睦子さん! 11月5日…
  2. 第4回社会人学生 麻雀団体対抗戦 2日制のリーグ戦を制し「雀サクッチーム」が優勝!  11月1…
  3. 「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会『全日本健康マージ…
  4. Facebook
    中国・遼寧広播電視台が 一般社団法人日本健康麻将協会の活動を密着取材! 日本でブームの健康マージ…
  5. 新式麻雀タクティクス 第24回 若手麻雀プロが贈る麻雀の新潮流! 数あるイマドキの戦術がみるみる…
  6. 〇〇と麻雀
    ○○と麻雀 第25回 今回のテーマは『流行語と麻雀』  日常会話で使われている言葉にマージャンが…
  7. 奇跡の復刻! 連載最終回!  なんと若き日の井出洋介が社会学的見地から当時の麻雀観を著した…
  8. 第20回仙台市高齢者生きがい健康祭シニアいきいきまつり  去る9月から11月の期間で宮城県仙台…
  9. 第22回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会、開催!  11月19日(日)、大阪府大阪市『クラブ天…
  10. 全国麻雀段位審査会と大分麻雀業組合は2018年大分県で開催される国民文化祭の実施に向けて、県内文化団…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. Facebook
    第21回港区長杯争奪 高齢者いきいき麻雀大会 最高齢参加者は97歳の長田睦子さん! 11月5日…
  2. 第4回社会人学生 麻雀団体対抗戦 2日制のリーグ戦を制し「雀サクッチーム」が優勝!  11月1…
  3. Facebook
    「第1回全国教室対抗 健康麻雀大会」大阪府で開催!  毎年1回、大阪麻雀連合会ひまわり教室は、…
ページ上部へ戻る