自動マージャン卓メーカーの電元オートメーション株式会社が健康・脳トレマージャン教室を開催!

自動マージャン卓メーカーの電元オートメーション株式会社が、2月15日(金)・16日(土)の両日、埼玉県行田市の男女共同参画推進センター「VIVAぎょう」を会場として、「健康・脳トレマージャン教室」を開催した。

この取り組みは行田商工会議所の主催で行われている「まちゼミ」というイベントにメーカーとして参加して開催したもの。
「まちゼミ」とは、プロから教わる街のゼミナールということで、行田市にあるさま
ざまなお店や企業が、市民の方々に、自社や自分のお店で展開している仕事やそれに関係する事柄について、教えてくれたり、体験させてくれたりするイベントである。たとえば、和菓子屋さんが家庭でもできる本格的な和菓子の作り方を教えてくれたり、サイクルショップで楽しく楽に自転車に乗る方法を体験できたりするのだ。
今回の開催には48の店舗や企業が参加。電元オートメーション株式会社も、その中のひとつとして参加したしたというわけだ。

この街に工場を構えて48年、自動マージャン卓の販売を開始して34年が経ち、この地元の地域社会にマージャンを通して老若男女が集うことのできる「コ
ミュニティ」作りを目指し、マージャン教室を開催する運びとなった。
会場には定員いっぱいの参加者がそろってさっそくゲームを開始。
マージャン初心者の方の参加も多く、みなさんで講師の方に教えてもらいながら、だんだんと交流を深めていっている様子がその笑顔の多さで感じとれる。

まったくの初心者として参加なされた女性3人(大崎育代さん、細村みち子さん、柴田あつ子さん)にお話を伺うと、新聞やテレビ・ラジオなどで、マージャンというゲームがボケ防止や認知症予防に効果があるかもしれないなどの情報を聞いて参加することにしたと揃って話してくれ、みなさんこれからも機会があれば続けていきたいと語ってくれた。
次回のこのイベントにも「健康・脳トレマージャン教室」として参加することも決まっているということなので、ぜひマージャン業界のイメージアップ、活性化のためにも、このような取り組みは長く続けていってもらいたいものである。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る