第7回国際公式ルール麻将関東大会

Facebook

11月24日、横浜「シルバー」にて、日本健康麻将協会主催・第7回国際公式ルール関東大会が開催されました。

今年も、日本麻雀連盟、日本麻将体育協会、大阪麻雀連合会など、多くの団体、個人の皆さんのご協力をいただき、56名、14卓で大会を開催することができました。ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
この関東大会は各一荘1位から4・2・1・0の順位ポイントを競う形式で、順位ポイントが同点の場合、素点を基準にして上位を決めるというもので、点数を叩くことよりも、卓内でトップを取ることが優先されます。

全4回戦を争うこの大会、優勝されたのは日本麻将体育協会厚木支部の池田正彦さんでした。池田さんはトップ3回、2着1回の14ポイントという成績。
実は第2位の根本育夫さんも同じく14ポイントだったのですが、素点合計の多かった池田さんが優勝となりました。
第3位は日本麻雀連盟千葉南支部の宮川京子さん。この関東大会では最も成績の良かった女性にクイーン賞を送っているのですが、宮川さんは何と3年連続のクイーン賞という素晴らしい記録を残されました。

日本健康麻将協会主催の国際公式ルール大会は、春の交流大会、夏のペアマッチ、秋の関東大会となっております。
次の大会は3月29日(土)品川区総合区民会館きゅりあんで開催される健康麻将国際公式ルール交流大会です。
こちらも多くの皆様のご参加をお待ちしております。
皆さん是非、ご参加ください。

日本健康麻将協会では、本部の国際公式ルール普及事業として、土屋政士レッスンプロが担当する教室を開催しております。
国際公式ルールを覚えてみたい方や、昔ちょっとやったけど忘れてしまったという方も大歓迎です。
教室の開催は奇数週の月曜日の午後5時30分から8時30分まで。
詳細については五反田ふれあい研修サロン(03-5496-5840)にお問い合わせください。

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る