第41回関東麻雀選手権大会

Facebook

関東地区麻雀業組合連合会(齋藤正会長)は「第41回関東麻雀選手権大会」を9月29日、さいたま市「浦和スター」、長野市「チェック」、静岡市「凡」、横浜市「麻雀サロン・シルバー」の4会場同時開催で実施した。

大会には、全4会場合わせて255名の選手が参加して、熱い戦いを繰り広げた。
競技は50分打ち切り半荘4回戦。4会場同時に競技を開始し、各回戦終了後に会場ごとの集計を電子メールで本部の横浜会場へ送信。本部で総合成績を算出して各会場へ返信するというシステムである。
競技の結果、ベスト3はすべて長野会場からとなった。見事、優勝に輝いたのは中村光国選手(群馬県)。準優勝は黄雄矢選手(新潟)、第3位は横山進選手(群馬県)だった。
なお、10位までの選手には、11月24日に東京で行なわれる「第28回全日本麻雀競技大会」に無料招待派遣される。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る