第3回社会人学生対抗麻雀団体リーグ戦開催

Facebook

9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)の2日にわたって、東京都港区新橋「新雀荘」にて「第3回社会人学生対抗麻雀団体リーグ戦」が開催された。

この大会は雑誌「麻雀界」が主催する麻雀の団体対抗戦。
学生もしくは社会人で最低4人以上でチームを組んで対抗戦を戦う。2日制で戦うので、日によって出場メンバーが変わっても良いというシステムだ。
3回目となる今大会には21チーム96人が参加して行われた。
2日目には、タレントの仲本工事さんと歌手の三代純歌さん夫妻、落語家の三遊亭楽麻呂師匠がゲスト参加し、会場は大いに盛り上がった。

2日間にわたって熱戦を繰り広げた競技の結果、見事優勝に輝いたのは「雀友倶楽部若手選抜」(津久井洋平、折山貴裕、宮本一輝、石神天縫、矢野健人)だった。
準優勝は「東京大学麻雀サークル白」(三瀬純平、松井啓記、岩本壮太郎、高田祐樹、新井山諒顕)、第3位は「日本麻雀連盟C」(平野賢一郎、深澤昇、加藤孝敬、義本新悟、塩谷きよし)となった。
この大会を主催する雑誌「麻雀界」編集長の高橋常幸氏は「ふだん、なかなか打つことのないメンバーと麻雀をする良い機会。異世代間、異業種間の交流の場となればと思います。将棋の社会人団体リーグ戦をモデルに、いつかは1万人規模の大会まで育てていければと考えています」と話した。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る