Facebook

第21回道民麻雀選手権大会(主催:北海道麻雀業組合連合会、主管:北海道地区麻雀段位審査会、後援:北海道・道新スポーツ新聞社)が平成24年11月11日(日)12時〜麻雀夢道場札幌店(中央区)にて、全道から選手104名が参加して開催。

この大会では、優勝者に北海道知事賞授与、上位2名は全日本麻雀競技大会(平成24年11月25日に東京で開催)に派遣される。
開会式では、倭昭三道段審会長の開会挨拶、審判長のルール説明の後、前年度優勝者の大浪三郎さんが道民カップを返還した。

競技は、半荘50分4回戦が行なわれ、競技終了後には、土田浩翔道連会長の講評があった。
競技の結果は、札幌市の富樫千香子さんが優勝し、北海道知事賞状・道民カップ・副賞・全国大会出場権が贈られた。
準優勝は日高町の川森郁二さん、3位は札幌市の宮武雅樹さんでした。
今回で21回目を迎えた「道民麻雀選手権」は、当初は札幌市民麻雀大会として発足しましたが、市外からの参加希望者が増えたため途中から北海道に住む人なら誰でも参加できる大会に衣替えし、回を重ねるごとに参加希望も増え、全道のマージャン大会としてすっかり定着している。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る