第1回健康麻将支部交流戦開催

Facebook

5月24日(土)、一般社団法人日本健康麻将協会五反田ふれあい研修サロンにて、杉並統括支部杉並いきいき健康麻将、品川いきいき健康麻将広場、渋谷統括支部ガラパゴス、横浜統括支部横浜健康麻将同好会から、それぞれ6名の選手を募り、第1回支部交流戦として開催いたしました。

この第1回支部交流戦は、ゆくゆくは全国の各支部での交流が行なえるよう、新しい評価方法を採用しました。
各卓それぞれの支部から1名ずつの選手が当たる組み合わせで全4回戦を行うところまでは今まで通りですが、それぞれの支部の6名の選手のトータル成績から、各支部上位4名の成績合計を支部成績として評価する方法を採用しました。
このシステムの狙いは、たまたま当日調子が悪かった方でも、チームの足を引っ張ったということが避けられる点にあります。

大会が開始し、各半荘開始時の支部順位発表の際には、参加選手の皆さんがドキドキしている様子で、呼ばれた支部名に応じて各支部の選手から拍手も生まれ、大変盛り上がる大会となりました。
気になる第1回の結果ですが、優勝と準優勝の支部の点差が600点となる大接戦で、杉並統括支部杉並いきいき健康麻将が優勝となりました。また、個人優勝は横浜統括支部の石原信さんでした。
杉並統括支部の皆さん、横浜統括支部の石原さん、おめでとうございました。
今後、本部では、この第1回の事業を参考にして、各支部の皆さんの参加を募り、支部交流戦の開催を企画しております。
改めて各支部の皆さんにお知らせいたしますので、その際には是非ご参加ください。

関連記事

おすすめ記事

  1. オンライン麻雀『雀魂』が、リリース3周年を記念した「雀魂感謝際3rd」を2022年4月23日(土)1…
  2. U-NEXT Pirates・瑞原明奈プロが2022年4月20日(水)19時から放送されるTBS『東…
  3. Mリーグ・TEAM RAIDEN/雷電で活躍する黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)の著書『黒沢咲の 鳴か…
  4. 18周年を迎えたオンライン麻雀『Maru-Jan』。毎日約8000人で賑わう初心者から上級者まで自宅…
ページ上部へ戻る