華やかな麻雀でファンを魅了!「ミスター麻雀」小島武夫氏 死去 

「ミスター麻雀」と呼ばれ、麻雀プロとして長年活躍された小島武夫氏が、心不全により5月28日に亡くなられていたことがわかった。5月31日に日本プロ麻雀連盟が発表したところによると、体調を崩し入院療養中での逝去だったという。82歳だった。

小島氏は、1936年2月11日、福岡県福岡市博多区出身。1970年代、作家の阿佐田哲也氏、古川凱章プロらと結成した「麻雀新撰組」や人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナー出演、戦術書の執筆など、昭和の麻雀ブームを牽引した。その後は、1981年に設立された日本プロ麻雀連盟の初代会長をつとめ、麻雀業界の興隆に大きく貢献した。

通夜(6月8日【金】午後6時〜7時)ならびに告別式(6月9日【土】午前9時30分〜11時)は、日本プロ麻雀連盟葬として桐ヶ谷斎場(東京都品川区西五反田5-32-20)で執り行われる。

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る