【追憶の麻雀】第53回「麻雀の心理学」

追憶の麻雀

昭和61年8月10日 第133号

 

麻雀の心理学

 地獄待ちは得か?

マージャンは「確率と心理のゲーム」であるといわれる。

確率とはすなわち”アガリやすさ”であり、心理とはすなわち”相手のウラをかく“ことであろう。

 

多面待ちであればあるほどアガリやすい。両面待ちよりも三面待ち、三面待ちよりも四面、五面。これは理の当然である。科学である。確率の高さである。

 

ところがここに”地獄待ち“という戦法がある。単キ、それもラスハイの出アガリに賭ける。たまにはツモることもあるかも知れないが、アガるとすれば出アガリの方が圧倒的に?多いだろう。

 

これはつまり、相手の”まさか……“という気持のウラを行く。意表をつく。当りパイはただそのーパイしかないのであるから、確率の面から見れば、こんな率の悪いことはない。多面待ちに反する1点狙い。パイ山に眠っていればオシマイ。非科学この上ない。

 

この非科学が、時に優秀な戦法になる。合理の確率に対し、不合理がまかり通るところにも、マージャンの奥の深さがうかがわれる。もっとも、心理学も科学の一分野であるから、大きくいえば、人の心理のウラを読むのも科学といえないことはない。

 

地獄待ちには意外なメリットもある。

 

つまり、ヤミテンでいる限り、待ちはいくらでも変えられるということである。また字パイの場合は、安全パイにもなりやすい。

 

ただし、名人級になればなるほど、この安全パイ心理を逆用し、ワンチャンスにかけるのがうまい。常識的なマージャンでは、テンパイは早いかも知れないが、待ちが見抜かれやすいからだ。

 

意表をつく地獄待ちで打ち取った時の気分は、爽快である。しかしながら、戦法の多彩さを図り、敵に心理的圧迫を加える意味で使う分にはよいが、乱用は慎しむべきもののようだ。

 

佐藤孝平第10期最高位のいわく「敵をだますのはいいんですがネ、ひっかけマージャンでは長続きしませんよ」まさに名一百と言えよう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  2. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  3. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  4. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  5. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  6. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  7. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る