平成20年~25年の「風俗営業の営業所数の推移」を警察庁生活安全局保安課が公表

平成20年~25年の「風俗営業の営業所数の推移」が警察庁生活安全局保安課から公表されました。

風適法第2条第1項第1号(キャバレー等)から8号(ゲームセンター等)の営業所数は、平成20年の106,864軒から平成25年には96,136軒と1万軒(10%)以上の減少となっています。その中でも1号営業(キャバレー等)が3,668軒から2,602軒(1,066軒減)、8号営業が8,137軒から5,772軒(2,365軒減)とそれぞれ29%もの減少となっています。世の中の不景気と娯楽の形態の変化によるものと思われます。

7号営業のマージャン業についても、平成20年の13,920軒から平成25年の10,882軒(3,038軒減)と22%近い減少となっています。

ところが驚くべき事に、同じ5年の間に「性風俗関連特殊営業」の届出数は、22,021軒から30,969軒(8,948軒増)と40%を超える増加となっています。その内訳は新規届出の難しい店舗型第1号(ソープランド)から6号(出会い系喫茶等)が6,570軒から8,501軒(1,931軒増)と29%の増加(このほとんどは法改正によるラブホテル等の増加)。無店舗型の派遣型ファッションヘルス等が13,093軒から18,814軒(5,721軒増)と43.7%も増加しています。また、映像送信型も1,026軒から2,187軒と倍増しています。この数字はいったい何を意味しているのでしょうか?

人権派の弁護士さんは文化や表現、営業の自由をことさら強調し、ダンスを伴うクラブ営業等については好意的で、性風俗に関しても寛容に思えます。コンビニの店頭で売られている雑誌ですら、以前には考えられないような状況ですし、ネットではエロが氾濫しています。

しかし、こと賭け事に関しては人権派の弁護士さんの目は厳しく、カジノ法案に関しては絶対反対の立場をとっています。刑法の賭博罪はマージャン業にとっても厳しい扱いになっています。
「デリの許可をとって欲しいんですが、警察ややくざからのリスクはどうですか?」との問い合わせも度々。何かおかしいんじゃないでしょうか!?

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る