慣習や文化に根差した「たにまち文化」を

Facebook

これだけ強いバドミントン選手が出てきたんだね。と感心していた矢先の賭博問題。本当に残念です。

国際カジノ研究所所長・木曽崇氏の指摘通り、スポーツ競技団体内の教育体制が問題になる以前の、なれ合いというか、慣習や文化に根差した「たにまち文化」を解決してゆかなければならないと思います。

特にスポーツ競技界は強い縦社会であり、指導者と選手、先輩と後輩の上下関係が強く、ましてやスポンサーに対しては「絶対」を求められているようです。

相撲をはじめとするスポーツ選手や歌手、タレント、俳優へのご贔屓筋からの援助というものがあります。純粋な援助はこれからの若いスポーツ選手や芸術家、広く見れば研究者に至るまで、すべての若い世代を育てることになります。

江戸時代から明治にかけての町民文化のひとつとして、裕福な旦那が相撲取りや歌舞伎役者を物心ともに援助するというのは「粋」であったにちがいありません。それが「たにまち文化」です。学校近くの食堂のおばさんが、運動部の選手にご飯を大盛にしてくれるのもそのひとつでしょう。

しかし、その様な「粋」な旦那衆ばかりでなく「品のない」スポンサーが若い選手たちを飲み食いに連れまわした挙句、悪い場所へ連れてゆくことも事実です。
今回の事件も元を正せばこのようなことが始まりのような気がしてなりません。

昔の話ですが、相撲部屋のご贔屓筋が新年会か何かで部屋の全員を招待し、宴たけなわの時に、部屋の若い衆全員に一糸まとわぬ姿で踊らせ、馬鹿笑いをしていたということも聞きました。金の力があれば何でもできると勘違いする人間もたくさんいました。バブル期のにわか成金に下品な輩が多かったのも事実です。

昔から興業における地元やくざと芸能人の関係もありました。私の関与したパチンコ店の経営者は後に「裏カジノ」のスポンサーになったようです。そのパチンコ店の御曹司の結婚式には有名な野球選手やゴルファーも来賓に招かれていました。
その中の有名な元野球選手はトランプ賭博で逮捕された経緯もありました。
粋な「たにまち」になりたいものです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 関東「麻雀強化合宿2018」・関西「関西夏合宿2018」 麻雀三昧の夏の思い出! …
  2. 麻雀人に話を聞こう! vol.1 日本プロ麻雀協会 ニコラスプロ 海を越えて日本の裏側からや…
  3. 『全日本健康マージャン交流大会』の情報がついに解禁!!  「全日本健康マージャン交流大会」の情報が…
  4. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  5. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る