「麻雀日本シリーズ2021」で、多井隆晴プロが3度目の優勝を飾る! | 麻雀新聞

「麻雀日本シリーズ2021」で、多井隆晴プロが3度目の優勝を飾る!

2022年(令和4年)4月17日、日本プロ麻雀連盟が主催する各団体のタイトルホルダーなどを集めたタイトル戦「麻雀日本シリーズ2021」の決勝が行われ、RMUの多井隆晴プロが優勝を果たした。

決勝は多井隆晴プロ(RMU・最強位)、矢島亨プロ(日本プロ麻雀協会・雀王)、木村和幸プロ(麻将連合・将王)、白鳥翔プロ(日本プロ麻雀連盟・發王位)という組み合わせに。序盤から白鳥プロがリードして試合を進めていたが、最終戦の南1局、親番の多井プロがリーチリンシャンツモタンヤオ三色ドラ1裏4の三倍満を決めて逆転し、そのまま逃げ切った。

多井プロはこれで麻雀日本シリーズ3度目の優勝。トップ雀士に、また新たな勲章が加わった。

 

ライター:東川亮
(麻雀界をメインに活動するフリーライター。観戦記・ニュース記事執筆からコラム、インタビュー、現場レポート、書籍構成・編集など、幅広い案件を手がけている)

関連記事

おすすめ記事

  1. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  2. 「麻雀コラム」第83回 麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が 「麻雀」で現代社会を愉快に…
  3. 2024年(令和6年)3月1日(金)に刊行された『ピークアウト』(近代麻雀コミックス)第1巻は、『鉄…
  4. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
  5. 現在、124団体(高校から大学の麻雀部およびサークル)の加盟団体ならびに約4565人の小学生から大学…
  6. 「麻雀店経営サポート」今月は、風営法許可後に起こるあれこれの出来事について詳しく解説していきます。特…
  7. 大好評連載「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プ…
  8. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJONG …
  9. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  10. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…

Noshx麻雀新聞

株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

ピックアップ記事

  1. 最高位戦日本プロ麻雀協会の 多喜田翔吾プロが麻雀AI「NAGA」の戦術をわかりやすく解説! &…
  2. 今月も先月に引き続いて、サイドビジネスについて解説していきたいと思います。副業ブームの昨今、麻雀営業…
  3. 3月といってもまだ底冷えのする午前5時の歌舞伎町。 短いコートやマフラーを羽織ってはいるものの…
ページ上部へ戻る