トルコ風呂、ファッションヘルスなどが昭和60年の風営法大改正で届出業種へ

ゲーム機械メーカーのタイトーやセガが飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃、タイトーやセガの創業者がユダヤ人だったこともあるのか、ゲームセンターの一部にはカジノコーナーを設けている店舗がありました。

歯科医師になった富沢くん同様、W大学の中山くんも夜な夜な歌舞伎町のゲームセンターを徘徊していました。もっとも中山くんの場合、ゲームコーナーで遊ぶ以前に角帽、学生服の応援団員風いでたちで、風俗店の紹介アルバイトをしていて、「W大生、歌舞伎町フーゾクの応援団長になる」とマスコミに取り上げられていました。

トルコ風呂がソープランドと名称を変え、のぞき部屋やらビニ本屋、ファッションヘルスなどが昭和60年の風営法大改正で届出業種となり(許可業種ではありません)、晴れて(?)社会の認知を受け、歌舞伎町がピンク色に染まった時代でした。学生運動の嵐が過ぎ去り、硬派の代表格であったW大学の学生がピンク産業の客引きをしているということで中山くんは話題の主となったのでした。

ピンク産業で稼いだお金を握り、中山くんもカジノゲームの虜になり、ルーレット、ブラックジャックと遊びを覚え、セブンスタッドポーカー、ハイローポーカーと高度な遊びに挑戦していきました。ゲーム性が高度になるにつれ、彼はより大きな刺激を求めることとなり、ついにはアンダーグラウンドの博打場へ足を向けるようになってしまいました。
その後元プロ野球選手や元ラグビー選手の有名人が逮捕される事件が起こったものの、中山くんの逮捕は耳にしませんでした。後に中山くんが株式新聞の記者になったという噂を耳にするも、何故か当然と思えました。

現在もお台場や銀座のゲームセンターではゲームとしてのカジノコーナーを設けているところがあり、秋葉原ではメイドカジノが繁盛しているようです。

石原東京都知事が日本でも本格的なカジノを開催したいと提案したものの実現には至っていません。しかし、カジノ議員連盟なる超党派の国会議員の団体が今でも存在し、カジノの開催を目指しているようです。日本でカジノが認められるようになると富沢くんや中山くんの現役復帰があるのかも知れません。

関連記事

おすすめ記事

  1. Facebook
    第21回港区長杯争奪 高齢者いきいき麻雀大会 最高齢参加者は97歳の長田睦子さん! 11月5日…
  2. 第4回社会人学生 麻雀団体対抗戦 2日制のリーグ戦を制し「雀サクッチーム」が優勝!  11月1…
  3. 「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会『全日本健康マージ…
  4. Facebook
    中国・遼寧広播電視台が 一般社団法人日本健康麻将協会の活動を密着取材! 日本でブームの健康マージ…
  5. 新式麻雀タクティクス 第24回 若手麻雀プロが贈る麻雀の新潮流! 数あるイマドキの戦術がみるみる…
  6. 〇〇と麻雀
    ○○と麻雀 第25回 今回のテーマは『流行語と麻雀』  日常会話で使われている言葉にマージャンが…
  7. 奇跡の復刻! 連載最終回!  なんと若き日の井出洋介が社会学的見地から当時の麻雀観を著した…
  8. 第20回仙台市高齢者生きがい健康祭シニアいきいきまつり  去る9月から11月の期間で宮城県仙台…
  9. 第22回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会、開催!  11月19日(日)、大阪府大阪市『クラブ天…
  10. 全国麻雀段位審査会と大分麻雀業組合は2018年大分県で開催される国民文化祭の実施に向けて、県内文化団…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る