今の若い人たちは半荘通した戦略や、同卓の人の思惑など何も考えていない

「今の若い人たちは半荘通した戦略や、同卓の人の思惑など何も考えていない」

常連客と新規客、どちらのお客様を大事にするかは業種に限らずお店の永遠の課題だ。特にフリー店では知らないお客様同士が卓を囲むので、店の姿勢が問われる——若手経営者Zさんに聞くシリーズ16回目。

・月間のポイントレースは途中参加ができない
「何故かというと、月間でも週間でもいいですが、レースには途中参加ができないからです」

・オーラスにラスの人が安手をアガって喜ぶ
「ところが今の若い人たちには、何も考えていない人が多いんです。オーラスに700点のラスの人が、500・1000をアガって喜んでいるとか」

※詳しくは「麻雀新聞」2010年8月号をご覧ください

関連記事

おすすめ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
  3. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  4. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  5. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. 麻雀を教えるってどういうこと
    実は伝えるのが難しい『役牌』前々回から『役』についてのお話をさせてもらっています。前回ま…
  3. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
ページ上部へ戻る