石川雅巳千代田区長の「マージャンへの想い」

東京都・千代田区。ここは、江戸の昔から日本の政治・経済・文化の中心でした。

参勤交代や大名の領地の変更などにより、日本各地の特色ある文化がシヤッフルされ江戸の町で花開きました。
そして、400年を超えた今日においても、全国の自治体の中で、中心性、代表性、先端性を保ち、我が国の心臓部・頭脳部といわれています。

この千代田区に、おおよそ12年前、平成13年に現在の区長、石川雅巳氏が就任しました。
石川区長は、東京都の福祉局長など主要局長を歴任され、区長になられてからも路上喫煙禁止条例や幼稚園と保育園の一元化、また、保育園の待機児ゼロの実現など全国の自治体に先駆ける斬新な施策を数々実行してきました。
こんな石川区長ですが、つい先日、千代田区の当協会支部にて敬老健康麻将大会が開催されている日に、区長のブログ[千代田のトビラ]を更新されていました。
その題名も「麻雀への想い」です。

ここでは、それから計7回にわたって連載された、区長の考える麻雀の将来への想いを紹介したいと思います。
9月16日・麻雀への想い:パートⅠ
敬老の日の今日、恒例の「敬老健康麻将大会」が開催された。「(金を)賭けない、(酒を)飲まない、(タバコを)吸わない」の三無いがモットーの「健康麻将」
は、指先を使い頭脳を刺激しながらゲームを楽しむ。

最近、高齢者の方から「麻雀を覚え病みつきになった」「麻雀を生涯続けたい」との話をよく聞く。人生経験豊富な皆さんからのこのような話は、麻雀の持つ深い魅力を感じる。
会場で麻雀卓を回ると、誰もが生き生きと楽しそうだ。その雰囲気につられて私も自然に笑顔になる。周囲を楽しく和やかにすることも麻雀の極意だ。
9月28日・麻雀への想い:パートⅦ
高齢者の方が健康麻雀に熱中する本当の魅力をこの歳になってやっと理解する心境になった。

その理由は
1.仲間との連帯感から寂しさを感じることもなく友人を増やすきっかけになる。(ひとつのコミュニケーションツール)
2.上半身と脳の活性化は老化防止につながる。(知力・マインド・体力を強化するスポーツ)
3.一喜一憂するその刺激が、考え方の幅を広げ、結果を気にせず楽観的になれる。
そこで「健康麻将」の将来に向けた夢は
1.日本の100才以上人口は、約5万4千人。その皆さんが全国から集い「敬老健康麻将全国大会」なるものが実現すること。

2.世界でも麻将が普及し、「国際麻将連合」が設立されること。
3.麻将という頭脳競技がオリンピック競技種目になること。
それが実現する頃私は、その様子を天国から眺めていることだろう。
以上、千代田区長ブログ[千代田のトビラ]より抜粋。
我々が取り組んでいる健康マージャンについても、つとにご存知で、全国のトップ自治体の首長の理解と認識に、我々と共通、あるいはそれ以上のものがあることを知り、千代田区民である私個人としても大変嬉しく感じました。
(協会事務局長西野孝夫)

関連記事

おすすめ記事

  1. Facebook
    第21回港区長杯争奪 高齢者いきいき麻雀大会 最高齢参加者は97歳の長田睦子さん! 11月5日…
  2. 第4回社会人学生 麻雀団体対抗戦 2日制のリーグ戦を制し「雀サクッチーム」が優勝!  11月1…
  3. 「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会『全日本健康マージ…
  4. Facebook
    中国・遼寧広播電視台が 一般社団法人日本健康麻将協会の活動を密着取材! 日本でブームの健康マージ…
  5. 新式麻雀タクティクス 第24回 若手麻雀プロが贈る麻雀の新潮流! 数あるイマドキの戦術がみるみる…
  6. 〇〇と麻雀
    ○○と麻雀 第25回 今回のテーマは『流行語と麻雀』  日常会話で使われている言葉にマージャンが…
  7. 奇跡の復刻! 連載最終回!  なんと若き日の井出洋介が社会学的見地から当時の麻雀観を著した…
  8. 第20回仙台市高齢者生きがい健康祭シニアいきいきまつり  去る9月から11月の期間で宮城県仙台…
  9. 第22回青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会、開催!  11月19日(日)、大阪府大阪市『クラブ天…
  10. 全国麻雀段位審査会と大分麻雀業組合は2018年大分県で開催される国民文化祭の実施に向けて、県内文化団…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る