「麻雀の誕生」(大谷通順著)大修館書店より発売!

Facebook

8月25日に「麻雀の誕生」(大修館書店、定価:本体2200円+税)という書籍が発売された。

著者の大谷通順氏は中国文学者で北海学園大学教授。
まさにストレートにタイトルが示す通り、本書は中国・アメリカ・日本に眠る多数の文献と実物資料をもとに、「麻雀」の由来とその近代化の経緯を、体系的に明らかにしたものだ。
麻雀は大好きという人でも意外と知らない「麻雀」の歴史。あたかもはるか昔から存在していたゲームのように錯覚していないだろうか?

実は、その歴史は意外に浅くわずか90年前にはそのよび名さえ定まっていなかった…としたら??
いつもあなたが遊んでいる「麻雀」の誕生の真実を知ればもっと「麻雀」が愛おしくなるはず。
まさに麻雀愛好者必読の書だ。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る