麻雀メトログループがおもてなしを追求した新店舗をオープン!

Facebook

2014年12月11日、麻雀メトログループが東京都新宿区歌舞伎町に「麻雀メトロ西武新宿駅前店」をオープンした。

新宿を代表する老舗マージャン店グループとして、看板としている低価格での営業方針は変えずに、その中での最高のパフォーマンスに挑戦、今までのメトログループとは違ったチャレンジの店舗となっている。
なんといっても今回の新店舗の目玉といえるのは、小上がりを設け、掘りごたつスタイルにマージャン卓を設置したことだろう。全部で7卓あるうちの3卓が小上がりで掘りごたつスタイルの「お座敷卓」になっている。
ここでは靴を脱いで本革の最高級の座椅子に座りながら、ゆったりとリラックスして、しかも低料金でマージャンを打つことができるわけだ。

床や壁もダークブラウンでシックに統一。
梁や柱の関係で通常マージャン店で使われるような棒形の照明が使えず、発想の転換としてLEDの円形のシーリングライトを設置したおかげで、柔らかい照明を実現、内装とのマッチングも良く、気持ちの落ち着く空間となっている。
また写真にもあるゴージャスな卓カバーも見事にフィット。実はこのように豪華な卓カバーは現在ほとんど生産されておらず、たまたま千葉県にある「麻雀メトロ市川店」の倉庫にこのようにキレイな状態で眠っていたものだそうだ。
なんだか時間の縁を感じる素敵な話だが、これも長い間マージャン業界を生き抜いてきた老舗の力だといえるだろう。

この店舗の立ち上げを担当した村山拓・本社副部長は「麻雀メトログループがセット専門店としての[おもてなし]を追求し、満足度のステージアップを目指した店舗になります。もちろんマージャンをひたすら楽しんでいただくのも良いですが、マージャンをツールとして、飲みながらでも、仕事の話をしながらでも、グループで何かのお祝いをするのでも、楽しみ方はいろいろなので、この快適な空間を思う存分利用していただきたい」と語ってくれた。
そして迎えた2014年12月28日には、この場所で麻雀メトログループの特命部長である女優の及川奈央さんが参加・プロデュースする大会「奈央,Sカップ2014グランド大会」が開催され、新店舗オープンのお祝いとばかりに、及川さんをはじめ参加者の皆さまの笑顔があふれる素晴らしい大会となった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  2. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  3. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  4. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  5. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  6. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  7. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る