『ABEMA』 オリジナル対局企画 「Mトーナメント2023」 FINALステージ進出 16名が決定!

Mリーグシーズンオフの目玉企画として今年から始まった『ABEMA』オリジナル対局企画「Mトーナメント2023」。2023年(令和5年)6月12日(月)から予選ラウンドがスタートし、8月6日(日)に決勝が行われる。Mリーグルールでの2半荘トーナメントということで、これまでにないスリリングな戦いが数多く繰り広げられている。Mリーグ2022‐23シーズン優勝の渋谷ABEMASに所属する4選手を除いたMリーガー28名に各団体から招待された20名の推薦選手を加えた48名の選手で予選が開催された。予選1stステージの結果は次の通り。(以下、敬称略)

【A卓】

園田賢(赤坂ドリブンズ)

内川幸太郎(KADOKAWAサクラナイツ)

HIRO柴田(日本プロ麻雀連盟)

水崎ともみ(日本プロ麻雀協会)

勝ち上がり:HIRO柴田・園田賢

【B卓】

和久津晶(日本プロ麻雀連盟)

高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

忍田幸夫(麻将連合)

勝ち上がり:忍田幸夫・松ヶ瀬隆弥

【C卓】

丸山奏子(赤坂ドリブンズ)

魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

矢島亨(日本プロ麻雀協会)

勝ち上がり:滝沢和典・丸山奏子

【D卓】

本田朋広(TEAM RAIDEN/雷電)

岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

阿部孝則(RMU)

関翔太郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)

勝ち上がり:本田朋広・岡田紗佳

【E卓】近藤誠一(セガサミーフェニックス)

堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)

瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN/雷電)

山脇千文美(日本プロ麻雀連盟)

勝ち上がり:山脇千文美・近藤誠一

【F卓】

瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

勝又健志(EX風林火山)

奈良圭純(日本プロ麻雀連盟)

醍醐大(最高位戦日本プロ麻雀協会)

勝ち上がり:瑞原明奈・醍醐大

【G卓】

茅森早香(セガサミーフェニックス)

黒沢咲(TEAM RAIDEN/雷電)

渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

河野高志(RMU)

勝ち上がり:河野高志・渋川難波

【H卓】

坂本大志(最高位戦日本プロ麻雀協会)

佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

近藤久春(日本プロ麻雀連盟)

萩原聖人(TEAM RAIDEN/雷電)

勝ち上がり:萩原聖人・坂本大志

【I卓】

鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

二階堂亜樹(EX風林火山)

浅井裕介(最高位戦日本プロ麻雀協会)

白銀紗希(日本プロ麻雀連盟)

勝ち上がり:浅井裕介・白銀紗希

【J卓】

東城りお(セガサミーフェニックス)

鈴木優(U-NEXT Pirates)

浅井堂岐(日本プロ麻雀協会)

石井良樹(日本プロ麻雀連盟)

勝ち上がり:浅井堂岐・東城りお

【K卓】

小林剛(U-NEXT Pirates)

伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

藤島健二郎(日本プロ麻雀連盟)

竹内元太(最高位戦日本プロ麻雀協会)

勝ち上がり:竹内元太・藤島健二郎

【L卓】

村上淳(赤坂ドリブンズ)

仲林圭(U-NEXT Pirates)

二階堂瑠美(EX風林火山)

石立岳大(日本プロ麻雀連盟)

勝ち上がり:石立岳大・二階堂瑠美

予選2ndステージは各卓を勝ち上がった24名による戦い。結果は次のようになった。

【A卓】

山脇千文美・醍醐大・河野高志・坂本大志

勝ち上がり:坂本大志・山脇千文美

◎A卓は招待選手4名による対戦。第1試合は坂本がアガリ4回・放銃3回と大暴れし、最後はハネ満をツモってトップ獲得。第2試合は山脇が接戦を制してトップを取り、卓内でも年齢の若い2人が勝ち上がりとなった。

【B卓】

近藤誠一・瑞原明奈・渋川難波・萩原聖人

勝ち上がり:渋川難波・萩原聖人

◎B卓はA卓と対象的に、今大会初となるMリーガー4名の対決。第1試合は渋川が細かい選択を見事に決めてトップ。第2試合も序盤から持ち点を稼いでセーフティーリードを作り、逃げ切った。残る1枠を勝ち取ったのは、要所で高打点を決めた萩原。敗れた近藤は、これがMリーガーとしてのラストゲームとなった。

【C卓】

浅井裕介・東城りお・竹内元太・二階堂瑠美

勝ち上がり:二階堂瑠美・浅井裕介

◎第1試合は全員にトップの可能性があるオーラスを制した浅井がトップ。第2試合は瑠美がリードしてオーラスを迎えるも、倍満ツモ条件の竹内がリーチツモハイテイタンヤオ三色赤をアガり、裏ドラ1枚の勝負にかけたが乗らず。瑠美が辛くも逃げ切って通過を果たした。

【D卓】

白銀紗希・浅井堂岐・藤島健二郎・石立岳大

勝ち上がり:石立岳大・浅井堂岐

◎D卓は初戦のトップを獲得した石立が勝ち上がりの1席を獲得。Mトーナメントにおいて、初戦でトップを取った選手の通過率はいまだ100パーセントとなっている。第2試合で白銀との競り合いを制した浅井が2つ目の勝ち上がり枠を手にした。

【E卓】

HIRO柴田・松ヶ瀬隆弥・滝沢和典・岡田紗佳

勝ち上がり:松ヶ瀬隆弥・滝沢和典

◎第1試合はHIRO柴田の猛追をしのぎ切った松ヶ瀬がトップを獲得。第2試合はHIRO柴田が勝ち上がりのテンパイを入れたが決定打が生まれず、追いついて逆転のリーチをかけた滝沢が岡田から一発で出アガリして、勝ち上がった。

【F卓】

園田賢・忍田幸夫・丸山奏子・本田朋広

勝ち上がり:本田朋広・園田賢

◎第1試合は本田が8万点のトップを獲得。対する園田は箱下の4位となり、忍田・丸山による残り1席の争いになるかと思えたが、第2試合で園田が本田から役満・大三元を直撃。オーラスは接戦となったが、忍田の1人テンパイ以外なら逃げ切りの親番・園田が丸山のテンパイを読み切って手牌を伏せ、勝ち上がりを決めた。

これで予選を通過した12名が決定。渋谷ABEMASの4名を加えたFINALステージはこのような組み合わせとなった。

【A卓】

浅井裕介・石立岳大・日向藍子・松ヶ瀬隆弥

【B卓】

浅井堂岐・多井隆晴・二階堂瑠美・萩原聖人

【C卓】

園田賢・滝沢和典・松本吉弘・山脇千文美

【D卓】

坂本大志・渋川難波・白鳥翔・本田朋広

FINALステージは7月15日からスタート。こちらの模様は次号にてお伝えさせていただく。

(文・東川亮)

関連記事

おすすめ記事

  1. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  2. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  3. 大好評「今夜、麻雀の楽しい未来を語りましょう!」。 こちらのコーナーを担当するのは、日本プロ麻…
  4. フォトグラファーでもある愛内よしえプロの 撮り下ろし写真で女流プロを紹介する 「MAHJ…
  5. 健康マージャンの定着やMリーグの誕生、『雀魂』等のネット麻雀の人気、そして今や、少女漫画誌に麻雀をテ…
  6. 2024年(令和6年)1月26日(金)・27日(土)の両日、宮城県仙台市において「麻雀フェスティバル…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 日本最大のプロアマオープンタイトル戦「麻雀最強戦2024」がいよいよスタートした。2024年(令和6…
  2. 「明治安田生命保険相互会社」×「一般社団法人日本健康麻将協会」×「自治体」が協働!全国で健康マージャ…
  3. 2024年(令和6年)1月24日(水)、東京都新宿歌舞伎町の麻雀店が賭博開帳図利で摘発され、この件が…
ページ上部へ戻る