神奈川県麻雀業組合連合会よくわかる法令・消費税勉強会

去る2月17日、神奈川県横浜市石川町の「かながわ労働プラザ」において、神奈川県麻雀業組合連合会が主催する「よくわかる法令・消費税勉強会」と題したマージャン店営業者に向けた勉強会を開催した。

今回の勉強会は、
①消費税率引き上げへ向け万全の対策
②営業上でのトラブル防止対策
③マージャン店を営む上での「風俗営業法」
の3つのテーマについて、それぞれの講師を招き、講演と参加者との質疑応答が行なわれた。
まずは、4月の消費税率の引き上げについて、公正取引委員会、消費者庁、財務省の消費税転嫁対策の各担当者が「消費税転嫁対策特別措置法」及びそのガイドラインを説明した。

次に、元警視庁警視・暴力犯担当で、全国麻雀業組合総連合会(以下、全雀連)の特別顧問でもある菅原勝治氏が、営業上でのトラブル防止対策について講義した。
そして最後に全雀連の顧問でもある行政書士の谷田部智敬氏が、「風俗営業法」について講義した。
マージャン営業を営んで行く上で、基本でありながらも意外とおろそかにされがちな、営業許可証の掲示や従業員名簿の備え付け、管理者講習の受講などについても今一度詳しく説明された。
今回は消費税率引き上げを控えたタイミングでの開催だったが、このような取り組みは、マージャン店営業者にとって貴重な情報交換の場所ともなるので、全国の組合での定期的な開催を望むとともに、事業者の積極的な参加も大いに期待したいものである。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る