全雀連・全段審常任理事会

全国麻雀業組合総連合会(齋藤正理事長)の常任理事会は3月23日、神奈川県横浜市の銀洋ビル内会議室にて開催。

当日は齋藤理事長が病気療養中のため、山岸次雄・全国麻雀段位審査会委員長が進行をつとめることが報告され、木下裕章会長の挨拶に続いて会議に入った。
議事次の通り。

【全雀連関係】
①改革推進委員会活動報告
▼小正英雄委員長が退任となり、新委員長として青年部の石端伸次郎氏が新委員長に就任。
全雀連パンフレットのデザインが承認。製作に入ることが確認された。
テンパイ君マークを商標登録することが承認された。
8月1日をパイの日(マージャンの日)として記念日登録することが承認された。
②法務渉外委員会活動報告

▼町村信孝衆議院議員の全雀連最高顧問の退任が報告された。
③特別賛助会員委員会活動報告
▼委員会の名称が営業環境適正化委員会に変更となることが報告された。
④平成25年度事業報告
▼平成25年度全雀連の事業報告があった。
⑤平成25年度決算と監査報告
▼平成25年度全雀連収支決算報告書が確認された。
⑥通常会費・特別賛助会費の納入状況
▼平成25年度全雀連会費台帳および特別賛助会費台帳が確認された。
⑦平成26年度事業計画案

▼全段審が主催する「全日本大会」「高段者大会」の後援。「ねんりんピック栃木2014・健康マージャン交流大会」の後援。青年部が主管する「青雀旗争奪全国大学対抗麻雀選手権大会」の後援。
「改革推進委員会」「法務渉外員委員会」「営業環境適正化委員会」の活動を推進。
全雀連・全段審の財政強化を図る事業を推進。
⑧平成26年度予算案・役員案
▼平成26年度の予算案と平成26年度の全雀連・全段審の役員案が確認された。
⑨会則・内規改正案
▼全雀連会則および内規において、個人会員に関する改正案が提出されたが、審議継続のまま保留となった。
⑩第55回定時総会

▼第55回全雀連定時総会・第42回全段審委員総会は6月1日〜2日、神奈川県横浜市「ホテルキャメロットジャパン」にて開催。議事終了後の「神奈川大会」
は山口博美・聖マリアンナ医科大学講師による講演(心理療法カウンセラー「営業上の対人トラブル解消法」)が行なわれ、その後は懇親会となる。
⑪平成25年度警察庁陳情事項に関する報告
▼平成25年度に行なわれた警察庁への陳情事項について確認した。
⑫全雀連・全段審平成26年度年間行事予定表

▼全雀連・全段審の年間行事予定を確認。
また、齋藤理事長の病気療養のため、第55回全雀連定時総会までの期間は、山岸全段審委員長が理事長代行をつとめることが確認された。
【全段審関係】
①平成25年度全段審事業報告
▼免許等事業、各競技大会運営について報告があった。
②平成25年度全段審決算報告
▼平成25年度全段審決算報告が確認された。
③平成26年度全段審事業計画および予算について
▼免許等事業、各競技大会、ねんりんピック、そして予算について報告があった。

関連記事

おすすめ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
  3. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  4. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  5. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 「第24回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会」が宮城県仙台市で開催。東北各地から248名の選手が参…
  2. 麻雀を教えるってどういうこと
    実は伝えるのが難しい『役牌』前々回から『役』についてのお話をさせてもらっています。前回ま…
  3. ◎国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に健康マージャンが参加!7月10日、東京都において国民文化祭…
ページ上部へ戻る