Facebook

11月9日(日)、日本健康麻将協会横浜統括支部横浜シルバーにおいて「第八回健康麻将国際公式ルール秋季大会」を開催しました。

昨年までこの大会は国際公式ルール関東大会としておりましたが、関東の選手のみで開催されるという誤解を招くことを避けるためと、日本健康麻将協会の国際ルール大会の時期を覚えていただきやすいようにと、今回「健康麻将国際公式ルール秋季大会」と改名することとなりました。
これに合わせて今まで恒例の〈春の健康麻将祭〉で開催してきた健康麻将国際公式ルール交流大会も「健康麻将国際公式ルール春季交流大会」と改名します。

いずれの大会も内容については変わることなく、皆さんに楽しみながら競技していただけるよう開催を続けてまいりますのでこれからもよろしくお願いいたします。

さて、今回開催した秋季大会は、参加選手総勢56名。中でも普段から国際公式ルールを楽しまれている後援団体の皆さんから多くのご参加をいただきました。ありがとうございました。各団体からの参加選手の皆さんの人数を紹介しておきます。
日本健康麻将協会…24名
日本麻雀連盟…12名
日本麻将体育協会…14名
大阪麻雀連合会…4名

秋季大会は順位ポイント(トップから4・2・1・0)を評価する4回戦。最終4回戦を迎えてトップだった梶井薫さん(日本健康麻将協会・品川広場)に順位ポイントで追いつき、素点差優勝を決めたのは、同じ品川広場所属の土屋政士さんでした。
土屋さんはこれで日本健康麻将協会の国際公式ルール大会イベントで3勝目となります。
土屋さんおめでとうございました。
(協会事務局)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る