一般社団法人全国麻雀段位審査会

「第13回全日本高段者麻雀競技大会」 宮城県仙台市で開催!

 平成30年7月8日(日)正午、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』『定禅寺クラブ』の2会場を使って、「第13回全日本高段者麻雀競技大会」(主催:一般社団法人全国麻雀段位審査会 運営:宮城県麻雀段位審査会)がスタートした。今大会には、一般社団法人全国麻雀段位審査会及び参加競技団体の高段者(四段以上)220名が全国各地から参加した。

 この大会を主催する一般社団法人全国麻雀段位審査会は、正しい健全な麻雀の普及、麻雀競技の品格・技術の向上を図ることを目的として、麻雀段位免許・競技会・麻雀教室 の運営及び指導者の育成等を事業としておこなっており、今回で13回目を迎えた「全日本高段者麻雀競技大会」は、麻雀段位免許制度の理解と麻雀技量とマナーを若い世代へ継承し、指導者を育成することを目的として開催されている。
 よって競技に際し、「麻雀段位高段者としての技量を相互に研鑽する」「一般愛好者の範となるべく正しいマナーを身につける」「全国高段者間の交流を深め、親睦を図る」ことをテーマとした、名実ともに一般社団法人全国麻雀段位審査会主催競技会の最高峰に位置する大会である。

会場の様子

 大会は、高木輝延・一般社団法人全国麻雀段位審査会委員長の司会で進行。山岸次雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事長(定禅寺クラブ会場は中庸雄・一般社団法人全国麻雀段位審査会理事)の開会挨拶、野田譲・仙台市市議会議員の来賓挨拶につづいて楠田重頼・一般社団法人全国麻雀段位審査会副委員長(定禅寺クラブ会場は田端靖浩・宮城県麻雀段位審査会委員)が競技規定の説明をおこない、半荘全6回戦(各回戦50分打ち切り)の競技に入った。

 大会開始1回戦目からいきなり、国士無双が飛び出す波乱のスタート。この後の全国の麻雀実力者がしのぎを削る闘牌を制して優勝を勝ち取るのは果たしてどの選手か?大会詳細は次報で!

関連記事

おすすめ記事

  1. 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の…
  2. 令和 2 年 3 月 19 日新型コロナウイルス感染症対策専門家会議発表による「新型コロナウイルス感…
  3. 夕刊紙「夕刊フジ」が後援する 女流麻雀タイトル戦 「夕刊フジ杯争奪麻雀女流 リーグ2020」決勝戦開…
  4. 2020年(令和2年)3月17日(火)、東京都千代田区永田町『自民党本部リバティ4会議室』において、…
ページ上部へ戻る