第7回健康麻将全国オープン戦チャンピオン大会開催!

Facebook

2月28日(土)、第7回健康麻将全国オープン戦チャンピオン大会が開催された。

この大会は例年通り「五反田ふれあい研修サロン」での開催の予定であったが、出場選手募集後、1週間を待たずに定員を超えるという嬉しい状況となったため、急遽「ゴースタアネックス神田南口店」を借りて2会場での開催となった。
2会場での開催とはいえ、集計については2会場分の成績を合わせて評価する形式をとった。
また、この大会の目玉となる健康麻将名人戦の出場権については第6回が32名の参加に対して上位2名に贈られたことを踏まえて、52名の参加に対して枠を1名増やし、上位3名に対して贈られるものとした。
今回も長野県長野市「天心」より8名、愛知県岡崎市「牌館」より4名と、遠方からも多くの参加があり、大会は大いに盛り上がった。
その中で見事に優勝されたのは、最終5回戦に5万点オーバーのトップを取って逆転を果たした東京都東村山市「園」から出場の森崎次義さんだった。
準優勝は「天心」から出場の中澤清人さん、第3位は東京都千代田区「錦江荘」から出場の綱島英雄さんとなり、この上位3名が3月30日に開催される「第9期健康麻将名人戦」への出場権を獲得した。
また上位30%の入賞にあたる16位までの選手には、健康麻将段位の昇段申請権利が授与された。
(協会事務局・戸構)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』にて開催された「第16回…
  2. 2021年(令和3年)7月11日(日)、宮城県仙台市『グランド麻雀ホール藤』において「第16回全日本…
  3. Mリーグの「KONAMI麻雀格闘倶楽部」は2021年(令和3年)6月25日(金)に開催されたファン感…
  4. 著名人の家族の歴史を本人に代わって取材し、「アイデンティ」や「家族の絆」を見つめるNHK総合で放送の…
ページ上部へ戻る