Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)は「第59回全東京麻雀競技大会」を8月2日、東京都港区新橋ニュー新橋ビルの「新雀荘」「白鷺」の2会場を使って開催した。

出場選手は110名。
大会は小口利子理事の司会で進行。津嶋理事長の開会挨拶に続き、今回ゲスト参加の井出洋介プロが挨拶を行った。
その後、小林一就・東京都麻雀段位審査会委員長がルール説明を行い、50分打ち切り半荘4回戦の競技に入った。
競技終了後には成績集計の時間を使って井出プロとのジャンケン大会が開催され、勝ち残った5名にはサイン色紙がプレゼントされた。井出プロは講評において「とても楽しい時間を過ごさせていただいた」と笑顔で語った。
続いて成績発表・表彰が行われ、熱戦を制し見事優勝に輝いたのは原田繁選手となった。
準優勝は福田和弘選手、第3位は鈴木直宏選手だった。
なお今大会の成績上位15名には、10月4日に開催される「第7回東京都知事杯麻雀競技大会」への出場資格が贈られた。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る