賞金総額1000万円!「第3回全国麻雀選手権」オンライン予選がスタート!

Facebook

今年も「全国麻雀選手権」の季節がやってきた。株式会社シグナルトーク(栢孝文代表取締役)が主催する「第3回全国麻雀選手権」(賞金総額1000万円、優勝賞金500万円)の予選が4月9日よりスタートした。

この大会は、一次予選・二次予選はオンライン麻雀「Maru-Jan」で行い、それを勝ち抜いた一般部門28名とプロ部門4名の計32名がリアル対局で準決勝を戦い、これを勝ち抜いた4名がファイナルに進出し、「ニコニコ生放送」にて完全生中継の対局でマージャンが日本一強い者を決定するというシステムになっている。
第3回目となる今回は、Windows・iOS・Androidの各OSに対応したことによって、オンライン麻雀「Maru-Jan」をいつでもどこでも楽しめるようになったので、より気楽に身近に「全国麻雀選手権」の予選に挑戦できる環境が整ったといえる。
また、今回も社会貢献活動として、大会の参加者数×10円の金額を積み立ててマージャン牌とマットのセットを購入し、日本高齢者生活協同組合連合会を通じて各地の加盟協会とその運営施設などに寄贈することになっている。
予選は6月30日昼12時まで開催。準決勝は7月19日に東京都内のマージャン店で開催。
ファイナルは8月2日に都内スタジオから生放送される。
4月21日夜の段階でおよそ2万8000人が予選に参加。あなたもぜひ予選に参加して、「マージャン日本一」を目指してみてはいかがだろうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る