第19次日中友好健康麻将交流訪中

Facebook

毎年恒例となっている日中友好健康麻将交流訪中団。今年は、四川省は成都、黄龍・九寨溝を巡る旅です。

成都と言えば、日本でも根強い人気を持つ三国志で、諸葛亮孔明による天下三分の計の進言を受けた劉備が、魏の曹操、呉の孫権に対抗して首都を置いたところ。豊かな自然と歴史ある都市として有名です。
今回訪れる予定となっている黄龍風景区・九寨溝はユネスコの世界遺産(自然遺産)にも登録されている景勝地。標高3400メートルから2000メートルの高さの中にある淡水の湖水地帯、その美しさにはため息がもれます。
また、同様に訪問予定のジャイアントパンダ保護区も世界遺産に登録されております。保護区内のパンダ繁殖基地では、飼育されているジャイアントパンダとふれあえるめったにない機会が得られることでしょう。

もちろん訪中目的は観光だけではありません。
1995年より訪中ごとに開催してきた第19回日中友好健康麻将交流大会を今年も開催いたします。
この大会は、毎春、当協会が開催している健康麻将国際公式ルール交流大会の優勝者(今年は岩沢和利さん)をはじめとした日本選手と現地の選手で行われます。
この大会では、皆さんの成績も気になるところですが、健康マージャンを通じた暖かい国際交流自体が、この訪中団の大きな楽しみであり、意義のひとつだといえるでしょう。
国際公式ルールに不慣れな観光目的の方のご参加も大歓迎です。ご参加お待ちしております。
(日本健康麻将協会事務局)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2020年7月1日(水)、一般社団法人Mリーグ機構は、 2020年10月より開催予定の「Mリーグ20…
  2. 厚生労働省は6月24日(水)、今年10月31日から11月3日に岐阜県で開催予定だった「第33回全国健…
  3. 文化庁は6月23日(火)、今年10月17日から12月6日に宮崎県で開催予定だった「第35回国民文化祭…
  4. with新型コロナという日常の中での麻雀の必需品!ウイルス対策・飛沫防止麻雀卓用シートシールド『ジャ…
ページ上部へ戻る