東京都麻雀業協同組合平成28年新年祝賀会

Facebook

東京都麻雀業協同組合(津嶋哲也理事長)の平成28年新年祝賀会は1月14日、東京都港区「明治記念館・末広の間」に多数の来賓を招いて開催された。

会は落語家の三遊亭楽麻呂師匠の司会で開会。津嶋理事長の新年の挨拶に続いて来賓の東京都中小企業団体中央会振興課の鈴木篤郎氏が祝辞を述べた。その後、石原宏高・衆議院議員の代理として秘書の湯澤一貴氏が祝辞を述べた。
また、東雀協顧問の平沢勝栄・衆議院議員、全雀連最高顧問の片山さつき・参議院議員、田中豪・東京都議会議員の祝辞が披露された。続いて齋藤正・全雀連理事長、警察OBで全雀連顧問の菅原勝治氏、全雀連顧問弁護士の齋藤貴弘氏、灘麻太郎・日本プロ麻雀連盟名誉会長が祝辞を述べた。そして、高野克男・株式会社タカノコーポレーション代表の乾杯で宴に入った。その後来賓紹介に続いて、所用の後に駆けつけた秋元司・衆議院議員が祝辞を述べた。第2部では、ゲーム大会や、楽麻呂師匠の小話などで大いに盛り上がり、懇親を深めた。最後は安田輝和・東雀協副理事長の閉会の辞で終了となった。

新年の挨拶

明けましておめでとうございます。
東雀協組合員の皆様には、つつがなく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年には、様々なことが世界を駆け巡りました。相次ぐテロ、難民の長蛇の列、冷厳な現実を思い起こす度に胸が痛みます。
本年こそ、お互いに信頼し合える平和な社会の到来を願わずにおられません。
また、企業の不正、偽装が目立った年でもありました。人を欺き法に背いて目先の利を貪るところに、真の繁栄などあり得ません。
いずれ露見し手痛いしっぺ返しにあうことは明らかです。一度失った信用は、たやすく取り戻すことは至難の業です。問題を引き起こした企業の今度の動向が注目されます。
私達の業界においては、新しい風営法が今春施行されることになりました。都民の皆様にもご満足いただける条例の制定を望みたいところです。
東雀協は、組合員の結束のもとに法令を守って営業活動を行って参りました。今回も業界を挙げて法令遵守に努めなくてはなりません。法のもとに健全な経営を行い、お客様を大切にして地道な努力と創意工夫を絶やさぬこと、これこそが商いの基本であり、私たち業界の生きる道であると思います。
さて、「東京都知事杯麻雀競技大会」は、本年目出度く第八回を迎えることになります。これもひとえに、都民の麻雀愛好家の方々、東京都をはじめ関係者の方々のご指導とご支援の賜と深く感謝し厚く御礼申し上げます。お蔭様にて、「権威」と「格式」を誇る本大会は、更に「伝統」の輝かしい二文字を冠するまでに成長することができました。私は本大会が末永く存続することを願い、大会の都度、本大会の趣旨を忠実に守ることを心に誓って参りました。これが本大会に臨む私の原点であります。また、競技麻雀を通して社会貢献の機会をいただいたことに、感謝の気持ちを忘れずに持ち続けてきたつもりであります。
そして今回、私は、久しぶりに理事長職を拝命した当時の心境を思い起こしております。
「長年お世話になったこの業界に恩返しをしたい」。この一途な思いを胸に秘めて理事長に就任しました。以来、皆様に支えられて今日に至りました。「東京都知事杯麻雀競技大会」における私の原点を思い浮かべているうちに、もう一つ私の原点を掘り出しました。「初心忘るべからず」、この想いを以てもうひと頑張りしなくてはなりません。
本年も業界発展のために鋭意努力して参りますので、皆様の変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。
組合員の皆様のご健勝とご発展を祈念し、年頭の挨拶とさせていただきます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 宮城県仙台市にて「第25回七夕杯東北麻雀チャンピオンシップ大会2018」が開催! 東北各県(加…
  2. 麻雀プロリーグ「M.LEAGUE」 麻雀のプロスポーツ化を目指す! 競技麻雀の最高峰! 初回優勝…
  3. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見! 2018年10月にプロ麻雀リーグ「Mリーグ」がサイバーエージ…
  4. 一般社団法人全国麻雀段位審査会 「第13回全日本高段者麻雀競技大会」 宮城県仙台市で開催! …
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る