愛知県名古屋市「みそのクラブ」

お客様との関係はある意味で戦い!一瞬一秒が勝負!

・創業40年の老舗麻雀店

愛知県名古屋市中区栄は、名古屋市を代表する商業エリアであり、歓楽街を擁する一大繁華スポットである。
この日夜賑わい続ける街で営業する麻雀店『みそのクラブ』が創業40年を迎えた。
今回は愛知県を代表するこの老舗麻雀店で平成19年より代表をつとめる川岸樹生氏にお話しを伺った。
「なんといっても長い時間で積み重ねてきたお店に対する信頼感や安心感をお客様はお持ちだと思います」との言葉通り、店内には何かどっしりとした安定感や落ち着きといったものが感じられる。
激戦の繁華街で生き残ってきたこのお店には、多くの常連のお客様の愛着というものがあり、それがある種の居心地の良さというものを形成しているに違いない。

・時代の変遷とともに営業努力!

だからといってもちろん現状に甘えるわけではなく、時代の進展にともない最新麻雀卓をつねに提供し、TVなどのメディアとの連携などさまざまな営業努力を行ってきた。
「誰でも来られる快適なお店、また来たくなるようなお店を目標に日夜努力しているつもりです。
たとえば最近では、お客様のニーズに応えてWi-Fiスポットを設置して店内で使用していただけるようにしました。
ひとつひとつは細かいことかもしれませんが、何か気付いたことがあれば積極的に取り入れていく姿勢でやっています」。
このように、お客様の情報や好みなどは、代表・スタッフすべてで共有してムラのないサービスの提供を心がけているそうだ。

・顧客をつかむ接客理念!

「お客様との関係は、ある意味では戦いだと考えています。一瞬一秒が勝負。
たとえば、飲み物ひとつとっても、お客様が言う前に気付き、提供してあげる。この《気付き》がもっとも大切です。
また、お客様は十人十色です。麻雀店のスタッフに限らず、接客に携わる者ならば《みんなが自分ではないことを》しっかり理解することが重要ではないでしょうか」。
この接客・サービスに対する理念が、多くの常連客をつかんで、長い間営業し続けてきたことの根幹を成しているのだろう。

・麻雀人口の増加を目指す!

そして最後に「それでも、やはり現状の麻雀店の営業は厳しいものがあると思います。ですからなんとか今後は眠っているお客様を起こすことのできるようなイベントや企画などを積極的に打ち出して行きたいと思います。
加えて現在麻雀業の組合の活動にも参加させていただいており、もちろん自分のお店の業績アップにも必ず関係するとの思いでおります。
ですから麻雀人口の増加につながるような活動、たとえば全国麻雀段位審査会が行っている大会やイベントの企画や運営、免状事業や麻雀教室や健康麻雀などの取り組みに協力していきたいと考えています」と語ってくれた。

【店舗情報】

みそのクラブ
460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-14-14
御園パレス3階
052-203-0006
http://jan39.com/shop.php?tnp=11672&page=&max=6&s_tnp=%E3%81%BF%E3%81%9D%E3%81%AE

関連記事

おすすめ記事

  1. 2021年(令和3年)8月29日(日)、宮崎県宮崎市『シーガイアコンベンションセンター』にて第35回…
  2. 第35回国民文化祭・みやざき2020 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会「全日本健康マージャ…
  3. 2021年(令和3年)8月1日(日)麻雀の日(パイの日)に、愛媛県松山市『KIT JAO』にて、四国…
  4. 東京No.1雀士を決める大会「第64回オール★東京麻雀競技大会」が2021年(令和3年)8月1日麻雀…
ページ上部へ戻る