麻雀で就活!?スターティア株式会社が麻雀採用を開催!!

2/3(金)新宿区の麻雀メトロ中央口店にてスターティア株式会社の麻雀採用イベントが開催された。

「麻雀採用」は聞きなれない単語ではあるが、ここ数年で就職活動の新たな形として生まれたものだ。
実際に採用担当者をはじめとする社員達と麻雀をして、成績上位者には採用一定のステップをパス出来る権利が与えられる。
とはいえ成績上位者のみではなく、対局中の対話を通して、人柄で採用まで至ることもあるそうだ。

スターティア株式会社では、2017年3月卒より麻雀採用を行っており、今回で2年目・4回目の開催となる。
今回は日本プロ麻雀連盟の瀬戸熊直樹プロ・魚谷侑未プロ・菅原千瑛プロをゲストに迎え、学生の参加は過去最多の35名を数えた。

開始前は麻雀をするとはいえども、あくまでも採用試験の一環であり、堅苦しいものを想像していた。
学生達も緊張した面持ちであったが、開会式が始まると採用担当者の軽妙なトークで会場が笑いに包まれる場面もあった。
ゲストプロの挨拶時には歓声が上がるなど、開始前の緊張は対局前にはすっかり無くなった様子。

そして、いざ対局が始まると各卓では、おおよそ採用試験とは思えないほど和気藹々と進行していた。
ある卓では笑い声が聞こえ、ゲスト卓では真剣勝負。役満が出ると会場全体が拍手に包まれるなど、盛り上がりを見せた。

何故麻雀採用を受けようと思ったのか、動機を聞いてみると、
「大学時代麻雀しかしてこなかったので、その特技を生かせる為、参加した」
「ゲストプロのファンで参加した」
との声があり、「就職活動の中の麻雀大会」として参加している学生から、「麻雀大会の中の就職活動」として参加している学生まで動機は様々だった。
就職試験が初めてというパターンが多く、イメージしていた就活との乖離に驚愕していた。

麻雀採用について人事部長の橋本浩和氏にお話しを伺った。
「きっかけは弊社の上層部が麻雀好きということからでした。麻雀をしていると視野が広くなりコミュニケーション能力も上がる。そのこともあり、麻雀採用をしてみようという話が上がってきたのです。就活生と麻雀することによって、その学生の本質をみることができ、人材の発掘につながりやすいと判断しました」
麻雀人口が減少傾向にある昨今、このような見解を持つ企業が増えてくると、麻雀人口の増加にも繋がるかもしれない。

最後に橋本氏から麻雀をしている学生へのメッセージを頂いた。
「趣味が麻雀であることを弱みに思わないでほしい。趣味が麻雀ということは強みです。履歴書の趣味欄に麻雀を自信をもって書いてほしい」

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  2. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  3. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  4. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  5. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  6. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  7. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る