2022年(令和4年)10月29日(土)・30日(日)の2日間にわたって開催された「第37回国民文化祭 第22回全国障害者芸術・文化祭 美ら島おきなわ文化祭2022」全日本健康マージャン交流大会が、大盛況のうちに終了した。

大会2日目は、個人戦を開催。

個人戦では9発の役満が炸裂!ペア戦の1つと合わせて2日間の8半荘で、10発の役満が登場する賑やかな大会となった。

競技終了後には、成績集計の時間を使って、地元お笑い芸人の進行で、Mリーガーをはじめとするゲストプロによるトークショーが開催され、会場は大いに盛り上がった。

大会を大いに盛り上げていただいた麻雀プロの方々

その後、個人戦の成績発表と表彰が行われた。

2日目個人戦の優勝は、静岡県から参加の伊藤真選手だった。優勝の伊藤選手には沖縄県知事賞が贈られた。

また、初日・2日目の総合成績で競われた総合表彰では、宮城県から参加の日野杉隆選手が第1位に輝き、文部科学大臣賞が贈られた。

2日間にわたって開催された「美ら島おきなわ文化祭2022」全日本健康マージャン交流大会もここにつつがなく終了。

来年石川県で開催予定の「国民文化祭」全日本健康マージャン交流大会での再会を誓って散会となった。

関連記事

ページ上部へ戻る