スリアロで新タイトル戦「日刊ゲンダイ杯(仮)」スタート!

麻雀スリアロチャンネル

スリアロでは2015年2月から新しいタイトル戦「日刊ゲンダイ杯(仮)」を放送。

参加選手は各プロ団体から選出される32名(最高位戦日本プロ麻雀協会=10名、日本プロ麻雀協会=10名、麻将連合=6名、RMU=6名)。
この32名のプロで予選を開催。上位8名が準決勝に進出し、さらに4名が決勝に進出し月間チャンピオンを争うことになる。なお準決勝・決勝はニコニコ生放送にて生放送される。この戦いを2月〜9月に月1回開催し、10月には各月間チャンピオンの8名を一堂に集めてグランドチャンピオン大会を開催。そしてその優勝者には「日刊ゲンダイ杯(仮)優勝」の称号が授与され、11月にスリアロで放送予定の「四神降臨」への出場権が与えられることになっている。
参加選手は現段階では未定ながら、大注目のタイトル戦となりそうだ。
初回の放送は2月14日のバレンタインデーとなる。

関連記事

おすすめ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 一般社団法人全国麻雀段位審査会主催「第12回全日本高段者麻雀競技大会」が7月9日(日)に宮城県仙台市…
  4. 今や、テレビ、インターネットを合わせる と、麻雀番組が放送されない日はないという時代となった。そんな…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

株式会社ささき

株式会社ささき

友だち追加 

ピックアップ記事

  1. 京都グリーン法律事務所(代表弁護士:津田岳宏)が主催する京都グリーンリーグの決勝戦が7月26日に大阪…
  2. 平成29年7月18日(火)、東京都千代田区『和泉橋区民会館』にて、全国麻雀業組合総連合会は「第12回…
  3. 追憶の麻雀
    麻雀新聞第209号 1992年(平成4年)12月10日まあじゃん時評変化こそが当たり前、…
ページ上部へ戻る