風適法関連の語句にある「あらかじめ」とか「概ね」のような曖昧な表現

ダンスが風適法から外されるとどうなるのでしょうか?

あるピンクサロンの経営者が言っていました。「いいねー。ダンスは風適法から外すべきだよ。」-「?」-彼は続けて言いました。「「フォークダンスクラブ」っていうのはどうかなあ?」「店名はオクラホマミキサーで決定。若い女の子とおじさんがフォークダンス。いいねー」「肌の露出が多い方がいいね」「「盆踊り倶楽部」っていうのはどうかね」「浴衣姿で盆踊り。団塊の世代にはたまらないかもね。当然浴衣の下は下着を着けて欲しくないよね」…「浴衣姿でフォークダンスっていうのはどう?」「ポールダンスも風営から外されるんだよね」「リンボーダンスのお店はどう?一段高いステージを客席から見るなんて。いやらしーねー!」

経営者の妄想がますます大きくなってゆきます。「風適法からダンスを外せ!大賛成!」「場所も時間も気にしなくて済むしね。ましてや警察からお小言も言われなくなるしね。」「「酒を出すな」っていうんならそれもOK!店名はジュースバーだって、レストランだってかまいやしない!」

そうなると小学校や病院の隣でも「フォークダンスクラブ」や「盆踊りジュースバー」ができることになってしまいます。しかも夜通しで。
そうなんです。風俗営業っていうのは予想外の業態が次から次へと発生してくるのです。これもフーゾク業者の想像力とたゆまぬ努力(?)の結果なのかもしれません。本当に発想が柔軟です。この柔軟性や発想力、行動は一般の経営者も見習う必要があるかも知れません(冗談としても)。

風適法関連の語句には「あらかじめ」とか「概ね」のような曖昧な表現があります。風俗営業を行おうとする人にとってはこの曖昧な表現がどうしても納得がゆかない場合があります。「もっと基準をはっきりしてくれ!」と言いたくなるのは当然です。ですが、予想外の新商売が出てきたり、「半分まで!」と言ってしまえば名目上「49%」にしてしまうのがフーゾク業者の常です。警察権力の自由裁量はいけませんが、時として柔軟な対応も必要なことは、理解する必要があると思います。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019年(令和元年)11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わ…
  2. 2019年11月11日(月)、「第32回全国健康福祉祭和歌山大会 ねんりんピック紀の国わかやま201…
  3. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流大会」団体戦優勝は大阪府チーム! 「…
  4. 全国から60歳以上の272名の選手が参加!「ねんりんピック紀の国わかやま2019 健康マージャン交流…
  5. あふれる情熱 はじける笑顔をキャッチフレーズに「ねんりんピック紀の国わかやま2019」開幕! …
  6. 第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会 紀の国わかやま…
  7. 2019年(令和元年)10月18日(金)、小池百合子東京都知事の記者会見にて、東京都シニアコミュニテ…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

株式会社きちみ製麺

株式会社きちみ製麺

友だち追加 
ページ上部へ戻る