【追憶の麻雀】第70回「勝率による実力判定」

追憶の麻雀

1991年(平成3年)10月10日 第195号

 

(新潟日報7月11日夕刊掲載。他に地方紙数紙にも配信されている『マージャン千一夜』という連載寄稿。)

 

勝率による実力判定

 

私は以前から私なりの勝率計算法を紹介してきた。マージャンというゲームは四人で行うわけで、しかも一つの結果を出す単位は基本的には半チャン。そこで半チャンごとの順位について、1位ということは他の三人に勝ったのだから3勝。2位は二人に勝って一人に負けたのだから2勝1敗。3位は1勝2敗、4位は3敗。この数字を積み重ねていくと、例えば30勝30敗とか、40勝20敗という形で勝敗が現れてくる。そうすれば、勝ち数を勝ち数と負け数の和で割ったとき勝率が出てくる。

 

例に挙げた30勝30敗なら5割ちょうど。40勝20敗なら6割6分6厘6毛というように。

 

そして、ある程度の回数を重ねれば、この数字はその人のマージャンのトータル的な

力をそこそこに表したものになるはずだ、というのが私の考えだった。

 

私は常々、この勝率計算法を宣伝していたのだが、つい先日、これをなかなか上手に活用しようとしている人に出会った。

 

ごく一般の四人一組でセットしてプレーするジャン荘では、他のグループと交流することはほとんどない。そういったジャン荘で各グループの成績を勝率に換算して、しかもそれを競わせようというアイディアなのである。

 

一般的に仲間うちの成績はあまり公開されたくないという人が多い。というのもだれがどれだけ勝ち、あるいは負けているかがはっきりしてしまうからだ。が、この勝率計算法は順位だけが基準だから、勝ち負けの数字がストレートに出ない。さらに、ひと工夫があり、ある一定期間だけの勝率で、しかもそれぞれの一番良い数字をとってあけるのだという。

 

こうすれば、いよいよ真のトータルの勝ち負けは分かりにくいし、だれでも調子のよいときに頑張れば上位に入れるシステムである。果たしてどの程度受け入れられるものだろうか。

 

(井出洋介・マージャン評論家)

関連記事

おすすめ記事

  1. 福岡県福岡市の 健康マージャンサークル・同好会の 交流をつないでいく取り組み 「第1回福岡市公…
  2. 雀荘の店舗経営、広告、業界情報などを扱う業界唯一の麻雀業界新聞
    【年頭あいさつ】 全国麻雀業組合総連合会 全国麻雀業組合総連合会 理事長 齋藤 正  …
  3. 第32回全日本麻雀競技大会、開催! 全国各地から228名の麻雀愛好者が参加! 北海道から参加…
  4. 麻雀店の最先端を行く! 新オープンの『麻雀HOLIC』 堀江貴文氏をゲストに迎えてオープン記念大…
  5. 新年、あけましておめでとうございます  様々な出来事のあった2017年も、名残惜しくも終わりを告げ…
  6. 東大の卒論「麻雀の社会学」を振り返って!  若き日の井出洋介プロが社会学的見地から当時の麻雀事…
  7. 【WEST ONE CUP 予選迫る!】  関西の強豪が、プロアマ問わず集結するWEST ON…
  8. 夕刊フジ杯 in 九州 開催決定!  夕刊フジ紙面上で開催される、女流雀士たちによるタイトル争奪戦…
  9.  11月23日に「白虎杯」が開催されました。  64名の参加者の中から、優勝をもぎ取ったのは、最高…
  10. 「麻雀コラム」 連載第八回  麻雀大好き落語家の三遊亭楽麻呂師匠が「麻雀」で  現代社会を愉快に…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る