【第二回】e’sグループ 広川 宰有 氏 ②【麻雀に関わる人々】

麻雀に関わる人々

第二回:e’sグループオーナー 広川 宰有 氏②

 前回に引き続き、「広川ヒロカワ 宰有タダスミ」氏にインタビューを行い、お話を伺った。
 広川氏の経営する、e’sグループといえば、難波店e-sou(イーソウ)と梅田店estar(イースター)の両店舗のことであり、より詳しい情報を求める場合は、以下から参照してほしい。

 *以下本文中、敬称略
 *当記事のまとめが、2018年2月10日に発刊される 麻雀新聞2月号 に掲載予定


記者

 ありがとうございます。それでは、次の質問に移らせてもらいます。(麻雀)プロについて、どう思われますか? プロの方が麻雀店を経営されていたりすることなども含めて。

広川

 プロであろうがプロでなかろうが、麻雀店を経営する以上は、経営者だと思うんです。
 経営者という意味では、同じ土俵。
 麻雀プロっていうのは、競技団体に対して会費を支払ってそこに所属していますから、その払ったコストに対して看板を付けて自分の店を出すのは、アリだと思います。

 それぞれの店舗さんが、こういうコンセプトで、こういう方をターゲットに、と思ったとときに、その色として打ち出すのにはいいと思います。
 あとは、その看板がついていることによって、顧客である一般の方にとっては安心感を与えている。
 それはそれでいいんじゃないかと。

 要は、プロであるその方たちと、僕自身はプロではないですから――そのコスト、時間であったりお金であったり――差がありますから、払っている方は、それなりのリターンがあってもおかしくないので、それはそれでいいんじゃないかなと。
 ただ、僕は30年来プロの人たちを見ていますから、プロになるためのハードルが下がったのは下がったと思います。
 囲碁将棋のような世界に追いついていきたいということで、プロ団体が立ち上がりましたが、到底及ぶべくもない。

記者

 現状、まったく?

広川

 まったく。

記者

 将棋なんかは今ですとテレビで大報道されていますが、まったく追いつくべくもないと。

広川

 全然。レベルが違います。

記者

 技術のレベルで、ということでしょうか。

広川

 まぁ、それもありますが、組織としてのシステムなども含めて。

記者

 (苦笑)

広川

 そりゃそうでしょう。将棋の奨励会に入っている人ですら、アマチュアに負けることなんてほとんどないんですから。
 とはいえ、麻雀は将棋に比べて、運というか偶然性に支配されていますから、将棋の勝率が、強い人ですら七割台で、――藤井四段なんかはレアケースですよ?――麻雀はよくとって、三割台。
 四人打ちであれば。35%なんてまぁ聞かない。
 麻雀を追究している人でも、その程度なのですから、一般のプレイヤーにも負けることがある以上は、負ける姿が美しくなくてはならない。
 説得力のある、再現性のある、この局面であれば必ずこれを切る、軸を持っていないといけない。

記者

 なるほど、勉強になります。

広川

 あとは、結局は人間性ですよね。
 負けた時にうだうだ言わない。勝った人をけなさない。
 自分が負けたのは自分が弱いからですよ。

記者

 ツキがなかったのも含めて?

広川

 そうですよ。次頑張ったらいいんですよ。勝ってる人を、その時たたえましょう。
 僕はやっぱりそういうのを求めたい。
 一般のプレイヤーからすれば、どこかの団体に属しているプロであれば、トッププレイヤーだろうが末端のプレイヤーだろうが、その団体を代表する顔だと思う訳じゃないですか。
 だから、言動が、ふるまいが大事。で、末端の人がちゃんとできていなかったら、それを指導しない団体が悪い、と思いますね。
 そこに対して、自分は末端だからどうのこうので、それで団体に恥をかかせるようなプロには、きちんとプロらしく指導するのがいいと思いますね。

 それがひいては、麻雀人口の増加……につながるのではなかろうか。

 あんなやつがプロだったらというので、麻雀ファンが離れているというのも正直ありますし、うちで働いていた子にも、たくさん元プロの人がいましたが、その世界に飽き飽きして出ていった人が多いですね。
 やっぱりやっていることいろいろ見た時に、幻滅するところ多々あるので……いろいろ耳にすることもあると思いますけど。

記者

 まぁ、多少は……。

広川

 やっぱり希望の星であってほしいですよね。プロという肩書(を持つ以上は)。

記者

 将棋も、むかしは麻雀と同じ博打と思われていた時期もありましたもんね。

広川

 いわゆる真剣師とかですね。博徒として、みたいな(同じ)見方されてましたね。
 やっぱりそういう部分で行くと……麻雀プロ団体は、黎明期というにはもう過ぎてしまっていて、将棋や囲碁に比べて、確立するスピードが遅いかな。
 30年以上見てますんで。ちょっと寂しいなって、思ってます。

記者

 貴重なご意見、ありがとうございます。では、次の質問の方へ移ります――


 次回は、2月2日更新予定です。

関連記事

おすすめ記事

  1. 第一回 関西麻雀女王決定戦 開催! 女性の、女性による、女性のための麻雀大会!!  3月…
  2. GPCグランドチャンピオンカップ 決定戦! 2018年度GPCリーグ、今年も大盛況!  …
  3. 麻雀に関わる人々 第十二回:インターネット麻雀「天鳳」 zeRo 氏 ①  ネット麻…
  4. 麻雀HOLIC 一般プレイヤー参加型麻雀対局収録サービス 「ジャンレコ」の提供を開始 リリース記…
  5. 学生麻雀連盟近畿本部春合宿レポート 大学生たちによる、学校間の垣根を超えた麻雀団体「学生麻雀連盟」…
  6. 骨髄バンクチャリティ麻雀大会2018 in 大阪 3月11日(日)、大阪府大阪市にして開催  3…
  7. 関西限定? 三人打ち健康マージャン! 健康マージャンは、競技ルールだけじゃない! 魅力的な、三人…
  8. 大阪・天満橋会館 健康マージャンに潜入取材! 講師は、元近鉄バッファローズ投手・加藤哲郎氏! 人…
  9. 関西最強の雀士は誰だ!? 京都グリーンリーグSeason2がいまアツい!  関西麻雀界を牽引…
  10. 麻雀に関わる人々 第九回:健康麻雀サロン 阿倍野 代表 仲内 豊 氏 ①  一口に麻…
株式会社ささき

株式会社ささき

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀 Maru-Jan

友だち追加 
ページ上部へ戻る